相手の本音を聞き出す復縁工作でよりを戻した成功事例

復縁工作成功事例

依頼者:Sさん・20代・男性・東北地方

彼女と先日別れてしまいました。
理由としては僕が彼女と約束した、彼女以外の女の人と連絡を取らないでというものを2度破ってしまったからです。

1度目は謝って許してもらえましたが今回は話すらも拒否られる状況です。

彼女とは結構ケンカする事も多く、それを僕がバイト先の年上の女の人に相談をちょこちょこしていてそれがバレてしまったからです。

これは僕がそのことを隠そうとした事も原因のひとつでもあります。
どうしても好きですぐに信用は取り戻せないのもわかってますが、どうにか復縁をしたい所存です。

復縁の為の提案内容

嫉妬深い彼女との復縁というこちらの案件では詳細な情報を聞いても工作の必要が無いもので、その証拠として今も連絡は割合頻繁に取り合っていて戻る戻らないの話はしていないもののお互いを気にするような関係性でいる事は間違いないという事が二人のSNSのやり取りから分かりました。

その為弊社の方からは復縁アドバイス・サポートを提案いたしました所、どうしても自信が持てないという事から工作をして欲しいと要望がありSさんと協議の結果工作員がSNSを通して接触を図り、彼女の本音を聞くという方法を取るという事で契約を結びました。

工作員がSNSの彼女が所属しているグループに入り情報交換を通して仲良くなり個人間のやり取りに誘導し本音を聞き出しました。

彼女自身も自分の嫉妬心、独占欲からどうしても彼を許せなくなり別れを告げてしまったものの、覗き見たLINEのやり取りは今思い返してもやましい所は無く、ただSさんがそれを隠そうとしたりごまかそうとしたりしたのが引き金となってつい別れを口にしてしまったという事でした。

そうと分れば後はどちらか一方の背中を押すだけですので、今後の事や彼女の心境を考慮してSさんの方から謝罪と、アルバイト先や友達も居るので連絡を取らないというのは難しいけど、もう二度と隠したりごまかしたりしないという新たな約束を結んだところで契約は終了しました。

ご契約内容
復縁工作
契約期間:1カ月
着手金と成功報酬:30万円+20%(+消費税)

工作員のコメント

ケンカ別れをした後に復縁をするというのは、アプローチが早い方がいい場合と、ある程度の冷却期間を置いた方がいい場合とがあり、今回のケースで言えば冷静になって考えてみると・・・というケースでしたのである程度の冷却期間があって良かったケースと言えます。

誤解や勘違いによってケンカになった場合は1・2日様子を見て、冷静な態度で誤解や勘違いを解く事が有効的な復縁方法と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました