顔も分からない、SNSで繋がった友人と復縁したいという復縁依頼

復縁工作成功事例

相談内容

依頼者:Kさん・40代・男性・東海地方

ブロックされた女性とまたSNSで交流したい

ブロックされた理由は、女性のSNSが炎上して私に助けを求めて来たから警察を呼ぶから住所を教えてと言ったら、大丈夫だからと言われ後日、女性はSNSを退会していました。

女性とを連絡をする事が出来なくなり、どうしても女性ともう一度SNSで交流したいので探偵社に依頼し、女性を探してもらいました。

現在他2社に依頼しており、総額で500万円を超える金額を支払うも女性とは連絡が取れていない状況。

調査で判明した事実

他社で依頼して判明した住所・車を調査し、住人・使用者を特定し行動確認を行いました。

というのも、Kさんから提供された情報と、他社で収集した情報に違和感を感じ、そもそも判明した経緯にも疑問を持ったので弊社の方でその情報の確認をまずさせて頂きました。

まず、Kさんが女性とやり取りをしていた時にもらった女性の写真と、他の探偵社の方で撮って来た写真の女性と見比べても、同一人物だとは思えなかったからです。

その為弊社の方でその女性の顔がしっかりと確認できる写真を撮り、Kさんがお持ちの女性写真とを見比べ、全くの別人と分かりました。

そもそも最初に住所を判明させた会社というのは探偵業の許可を持たない会社でしたので、一体どのように調査を行ったのか甚だ疑問でした。

という訳でこの案件を振り出しに戻し、弊社の方ではKさんと繋がったSNSや送られてきた画像を基に女性を特定すべく調査を開始致しました。

それにより、今現在は別のSNSを利用している事が分かりそこに投稿されている本人の画像からKさんの探している人物だと判明致しました。

問題は本人とはSNSでのみ繋がっていた、今後の関係性もそれがいいという依頼をどの様にこなすかという事で、まずは女性のフォロワーになりメッセージのやり取りを始めました。

色々な雑談を通じてKさんと繋がっていたという話をを引き出せ、且つ何も告げずに退会してしまった理由がKさんにない事が分かったので、実はこちらもKさんを知っているという話をし、もしも連絡先が分かるなら連絡してあげて欲しい、Kさんは心配しているという事を伝えました。

後日Kさんの元に女性からのメールが届き、以前使っていたSNS内でKさんと仲良くしていたのをよく思わない他の利用者が女性を脅迫し、それが怖かったという事、またKさんと連絡を取り合ってその脅迫者がまたそれをどこかで調べ怖い思いをしたくないという事から連絡が出来なかったそうです。

これにより復縁工作は成功を修めました。

ご契約内容:復縁工作
ご契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:100万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました