退職代行

仕事を辞めたいけど言い出せないなら退職代行業務があります!

 

少子高齢化で若手の採用が困難になる中、会社を辞めたくても中々辞めさせてくれない・辞める事を言い出せない等の問題を抱えている方が増加しております。

『代わりに退職の連絡をしてくれたら…』と考えていらっしゃる方や『心理工作の専門家に頼って会社との縁を綺麗に切りたい』と考える方は少なくありません。

近年、退職問題についてお悩みを抱えていらっしゃる方は多く、退職代行業務が高い頻度で利用されています。

退職願を出したくても出せない人が、会社に対して『退職したい』と伝えられないので代行業者に依頼する方が増えていますが、弊社ファストリサーチにも退職代行サービスを求める相談者が増加傾向にあります。

退職したい人の代わりに退職の旨を連絡してくれる退職代行サービスを求める方々は、今の仕事を辞めたいと思っていても、今までお世話になった会社に『辞めたい』とは中々言いづらく、人間関係などを考慮した場合や家族や友人に反対されて『仕事を辞めたい』と言い出せないケースもあり、退職願を出せない事があります。

上記の様な問題が多数ある事から退職代行サービスを行う会社は増加しています。

職場の人間関係や家族・恋人の問題など「仕事を辞めたい」と言えない理由は人によって異なり、退職願を出す事が出来ない人が退職代行サービスに頼ります。

・入社したばかりで言い出しにくい
・上司が怖い(パワハラ・セクハラ・モラハラ等)
・引き止められそうだから
・ヘッドハンティングで同業他社に移るのが気まずくて言い出せない
・残業が多すぎる、出社せずに辞めたい(ブラック企業)

人によって退職を言い出せない理由は様々ありますが、弊社ファストリサーチにご相談頂く退職代行は上記理由がほとんどです。

たとえ入社後間もない時期だとしても、会社の社風が合わなかったとしても、先輩・上司のハラスメント行為に耐えなければならない理由にはなりません。

顔を見たくない程に追い詰められてしまえば、退職願いを自分で出す事に抵抗が出てしまいます。

我慢を強いられストレスを抱え自分には合わない会社へ通勤する期間は、退職を考えるに十分な理由になりますが、いざ『退職したい』と言えば意にそぐわない形に進み、退職願いが受理されず、いつまでも我慢を強いられ働かなくてはならない可能性も十分考えられます。

そんな会社の為に時間を掛けて通勤する事で、今後の自分のキャリアアップの為の時間や機会を無駄にする事はありません。

理由は様々ですが、退職したいと考える気持ちは十分理解出来ます。

また、不調和を早期解消できるという点では、早期退職は雇う側にも雇われる側にもメリットがある為、双方が早い決断をして退職手続きを踏む事をおススメしています。

・本人の退職意思を代わりに会社に連絡
・本人と会社の退職における連絡の中継
・退職届を内容証明で郵送
・退職理由に応じて退職金や慰謝料の請求

など、退職理由に応じて対応していきます。上記事由に該当するかどうかを調査し、精査した上で解決方法の提案を致します。

退職代行料金について

退職代行の料金については各種工作料金をご参照ください。

退職代行サービスが利用される理由

空前の人手不足の中、スムーズに退職を認めるよりも、優秀な人材を1人でも自社で囲っていたいという会社の思惑と、景気が上向いてきてキャリアアップのチャンスだから転職したい、職場での不調和から離職したい、と考える雇用される側の思惑とは異なります。

・今まで育てて来たのに
・一生懸命面倒見てきたのに
・損が出たら賠償請求する

会社側に執拗に引き留められて悩みを抱えてしまう方も増え、退職願を出しても失業保険などの手続きを進めてくれないなどの、ブラック企業も増加しています。

期間を定めない雇用契約の場合、民法には、退職の申し入れから2週間で自由に会社を辞められると定められていますし、会社側に就労の強制権はありません。その為、『辞めたい』と心を強く持って告げる事が出来れば退職は出来ます。

自分の能力が活かせる環境で、自分の能力を活かして仕事が出来る場所を求めて転職する事を会社が引き留める事は出来ませんが、社内での評価など転職先に影響を与えるかもしれないという様な形を取られれば、退職したいと簡単にに会社に申し入れる事に抵抗が出てしまいます。

仕事をしないと給料が出ません。生活して行くには

職場環境や人間関係など、自分に合った職場を求めるのは権利としてあります。

今の職場に不満を抱え職場改善を行わない企業で、就業している側が意を唱えても職場改善されないのなら、新たな職場を求める事や会社に対して離縁を申し入れる事は決してワガママではありません。

職場に退職願を出せないなら、別れさせ屋ファストリサーチにご相談下さい。


    タイトルとURLをコピーしました