大切な子供がDVをされていたら、そっと手を差し伸べてあげてください!

別れさせ屋

新型コロナ問題もあり年々増加傾向で、社会問題にもなっているドメスティックヴァイオレンス(通称DV)
「娘様が彼氏にDVされているから、彼氏と別れさせて助け出したい」とお悩みの方からの相談件数も年々増加しています。
DVとは、感情表現が暴力的で夫婦や恋人などに対して暴力を振るう行為の事を言います。
DV被害者は年々増加していて「親族・友人・同僚」という他人事では済まされない程身近に迫っているのが現状です。
自分の大事な愛娘様がどこの馬の骨かもわからない男に手を出されていたら絶対に許せない行為です。
娘様にご両親の口から助言をしても、DVを受けている娘さんは「洗脳・恐怖」等を植えつけられてしまっていますし、親子間は何歳になっても反発心がある為、中々助けを求めてこれません。
エスカレートして取り返しのつかない事態になる前に止めなければなりません。
ですが、無理やり別れさせたとしてもしっかり相手の心理を読んでいないと今度はストーカー(つきまとい)に変貌してしまいます。
ストーカー(つきまとい)から、被害に合われる方も多くいらっしゃるため、上手く別れさせる必要があり、警察にご相談する事は間違ってはいませんが、警察と両立して別れさせ工作する事が最善策となるでしょう。
警察は2人と密に連絡を取る事はしてくれませんし、犯罪行為と判断しない限り中々動いてくれません。
結果ストーカー殺人事件での警察の対応が問題視されています。
工作後も2人と密に連絡を取り、少しずつ気持ちを離れさせながらフォローしていく必用があり警察の対応範囲ではないのです。
自宅では娘さんのフォローも必要なので、ご両親の方や周囲の方の協力なしでは上手く進める事が出来ません。
両親への反発で言っている可能性もある為、娘様が”別れたくない”と仰っていたとしても本心かどうか断定できません。
娘様が「別れたい」と仰っている場合と「別れたくない」と仰っている場合では工作内容が異なります。


”別れたくない”と言ってている場合の別れさせ工作
娘様の目を覚まさせる必要があり”別れたい”と思わせるように心誘導が必要となります。
娘様とDVの恋人との別れさせ工作では、対象者(彼)への接触は勿論行う必要がありますが、娘さんの心理誘導が必要となり、特殊工作員の誘導により「別れなければ幸せはない・両親を切ることはできない・別れたい」と気持ちを誘導します。
彼のDVに恐怖心を感じていたとしても、別れさせ屋ファストリサーチの特殊工作員が全面的にサポートしていき、彼との連絡や接触を遮断いたしますので、娘様も安心して別れる事ができます。


”別れたい”と言っている場合の別れさせ工作
娘様と綿密な打ち合わせを重ね、一番最適な別れ方をしてストーカー(つきまとい)に豹変しないような別れさせ工作を行います。
別れさせたとしても、その後ストーカー(つきまとい)行為に及ぶ可能性が高い為、慎重に進めて行く必要があります。
彼の心理誘導も行うため、特殊工作員が彼と連絡を取り合えるように関係性の構築も必要です。


おわりに
何歳になっても親なら愛娘の事は気がかりです。
自分の娘がダメ男「DV・ストーカー・無職・薬物依存者・ギャンブル依存者」等の典型的なダメ男と交際をしていたら、どうにかして娘を助け出したいとお考えでしょう。
今回はⅮVについて端的にご説明させて頂きましたが、工作内容はお客様一人一人状況が異なるため、状況に応じて臨機応変に対応していく形になります。
より具体的なお話は別れさせ屋ファストリサーチ相談窓口からお問い合わせできますので、お気軽にご利用ください。
娘様を助け出し明るい未来の道しるべはご家族の方にかかってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました