職場恋愛で破局したカップルを復縁屋の復縁工作で見事に復縁出来た成功事例

復縁工作成功事例

復縁相談

依頼者:Iさん・30代・男性・関西地方

半年前に喧嘩別れした彼女と復縁したいのですが、この半年間一度も連絡を取っていません。

元彼女は自分よりも6つ年上の40代で、職場は一緒で二人とも公務員をしています。

職場恋愛をよく思われない傾向にある感じなので自分たちが恋人である事は秘密でしたが、狭い世界ですので公然の秘密でしたが。

だからほぼ毎日顔を合わせますし必要があれば会話する事も有ります。

その為、男性の職員が多いので尚の事元彼女を目で追ってしまい、他の男性職員と会話している姿や、複数人とですが男性と仕事帰りに飲みに行く姿を見たり聞いたりすると不安で仕方ありません。

喧嘩をしてしまった原因もそういった自分の嫉妬からでした。

自分に頼めばいいような仕事を他の男性職員に頼んだりしている事を自分が咎めてしまいケンカになりました。

どうしたら復縁出来るのでしょうか。

復縁屋ファストリサーチの提案内容

Iさんのケースですが、復縁をして関係を継続して行く為にはIさんが改善しなくてはならない物が山積しており、自己中心的な考え方を改める事、相手を思いやり信じる事などが出来なければそもそも復縁自体が難しくなってしまいます。

その為復縁アドバイス(自己改善プログラム)に取り組んで頂き自分を磨く事を心掛けて頂きました。

弊社が提案した対象者との接触方法は、対象者が使用しているSNSを利用したカフェ巡りのグループによるカフェ巡りでの接触というものです。

何の利害関係もない人間にだからこそ本音を話す事が出来たり、キャラクターや人間性などの予備知識のない人間からだからこそ刺さる言葉というものもありますので工作員による心理誘導をその中で掛けて行くという方法に協議の結果なりました。

潜入させたのは同世代の女性工作員で、年が近い事も有り仲良くなる事が出来ました。

心理誘導では第三者が居た場合に上手く行えない事も有りますのでその日の会話の中で他の共通の趣味を見出し、今度は二人で趣味のランニングに行こうという事になり、実際に複数回一緒にランニングを致しました。

設定していた距離を走り終わった後クールダウンの為暫くウォーキングをするのでその時の雑談の中で元彼女の本音を聞き、復縁の脈アリだと判断しましたのでそのまま心理誘導を掛け復縁を意識付ける事が出来、数週間後Iさんから彼女から食事に誘われましたという連絡が入ったという報告がありましたので、これにより復縁工作は無事完了致しました。

ご契約内容:復縁工作+復縁アドバイス(自己改善プログラム)
ご契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:120万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました