結婚の気持ちが重くて別れを告げた元彼と復縁したくて依頼を頂いた成功事例

復縁工作成功事例

依頼者 :F様
住まい :東京在住
職業  :デザイナー

ご相談内容

交際中の男性がいるものの、現在交際中の前に交際していた元カノの事が忘れられず何度も忘れなくてはならないと思いながらも今交際中の男性との結婚は考えられない…と当社に復縁の可能性があるかどうかの診断をして頂きたいと初めてご相談を頂きました。

別れた原因は元彼から結婚しようと言われる事が重く、まだデザイナーの仕事も駆け出しでやっと面白くなってきた状態の為、結婚という言葉よりも仕事を取ってしまったというF様は元彼との交際を断念し、破局に繋がったとの事でした。

今交際中の彼氏と比較しても元彼はF様の事を大切にして下さっていた事が分かり、若気の至りで済ますつもりはないものの心の中に元彼の存在が強く残っており、元彼との復縁が叶うなら今なら結婚して元彼の子供を産みたいとまで考える様になったとの事でした。

しかし、元彼は家を引っ越しし、連絡自体取っていない状況だったので連絡を取る事も悩み、挙句にもしも彼女もしくは奥様がいたら…と考えると連絡を取る事も怖くて出来ないとの事でした。

性格は真面目タイプで浮気など許さないタイプの元彼だったのでもしも恋人がいれば復縁を諦めるいいきっかけになるかもしれないと考え当社に復縁工作のご依頼を頂く事となりました。

まずはF様の環境を整理して頂きました。

元彼に恋人がいなければ今の彼と別れるというF様には復縁したいなら今の彼とまず先に別れる事が優先される事をお伝え、今彼に対しても失礼ですし、元彼に対しても失礼な形になる依頼を受けるのは難しい事を伝えました。

自分に保険を掛けた上で復縁を考えてもいい結果になる事はないと伝え、今彼と別れる決心がついてから当社と復縁工作の契約を交わさせて頂きました。

F様が決心して復縁工作の依頼をいただいてからは元彼に恋人がいない事を信じて復縁調査と復縁工作を実行に移す形となりました。

調査開始後、3週間ほどで元彼の家を特定し、特殊な調査方法を用いた為、現場調査は元彼の家の特定後から始める形となりました。

対象者を調査していても恋人の存在はなく、結婚に関しては特殊調査の段階で結婚してない事が分かっていた為、恋人がいない事でF様も安心したようでした。

復縁調査で判明させた接触ポイントを活用し、工作員を接触させる際に対象者の仕事を理由に接触に成功させます。

接触後は対象者も時間を持て余していた様で頻繁に工作員に連絡をくださり、人間関係の構築にも時間を掛けずにスムーズに進み、どの位の期間恋人がいないのかを確認するとF様との破局後はF様の事を忘れられなくて恋人を作るチャンスはあったものの恋愛には発展せず、もう少し仕事が安定したら一か八かでF様にプロポーズをしに行こうと考えていた事が分かりました。

対象者の言葉をF様に伝えると勇気を振り絞って対象者にF様から連絡をして下さいました。

お互いに相思相愛の関係だった事が判明して工作員が時間を掛けて心理誘導を行わなくても復縁に成功した探し出す方法が一番手間が掛かった案件でした。

ご契約内容
契約期間:3カ月
着手金と成功報酬:90万円+30%

コメント

タイトルとURLをコピーしました