新型コロナウイルスで増え続けるDV被害者!

別れさせ屋

新型コロナウイルス問題による外出自粛や休業が行われるなか、生活不安・ストレスから配偶者等からのDV被害の深刻化が懸念されています。
内閣府と厚生労働省は、地方公共団体に対してDVの相談対応から保護に至るまでの支援の継続的かつ迅速な対応を依頼し、最寄りの配偶者暴力相談支援センターに相談できるよう全国共通の相談ナビダイヤルを設けていますが実際解決にいたる程ではありません。

取り返しのつかない事態を招きかねないのがDV気質な男性です。
DV気質の男性と別れたいけど恐怖心等を植えつけられてしまい、どうしても別れを切り出す事ができない方からのお悩み相談が急増しています。
DV気質の男性は”トラウマを植え付けて洗脳し、マイインドコントロールをする”という事を試みます。
前まで暴力をふっていた人が掌を返す事で、どちらが本当の人格なのか錯乱してしまうのです。
そして「また暴力をふるわれるのではないか?」と考えてしまい、相手の顔色を伺いながらビクビクして過ごすようになります。
いつかきっと前の旦那や彼に戻ってくれるだろう・・・
前みたいに大事にしてくれるだろう、優しくしてくれる時もあるし・・・
等の期待を持って待っていても相手のDVはエスカレートするだけで今後幸せな生活を送る事は無いと言っても過言ではありません。
もしも大好きな彼がDV男に変貌してしまったら誰にご相談しますか?
「家族・友人・知人・同僚」など、周囲の方や「配偶者暴力相談支援センターや警察」にご相談する方もいらっしゃると思います。
ですが、身内の方や行政の方は出来る事は限られていますし、警察は事件性が無いと中々動いてくれず、ヘタに行動してしまうとDV行為が悪化する恐れもあります。
相談した相手が勝手に動いてしまい、その事を相手に知られたら激怒する事間違いナシです。
新型コロナウイルス問題によるDV被害の増加により警察や弁護士も暴力(DV)被害対策に力を入れていますが、別れさせ屋(探偵)に相談するという手もあるのです。
一度は好きになって一緒になった”旦那・彼氏”を悪く思いたくないとは思いますが、プロの別れさせ屋に相談するという事が未然に防ぐために必要になりますので、臆せず先ずはご相談ください。

外出自粛による生活の変化やストレスによるDVの増加傾向にあります。
もう他人行儀で済まされるレベルではないのです。

暴力(DV)加害者との別れ工作

別れ工作には事前調査が必須となります
・情報収集
・素行・身辺調査
・心理・性格分析
・工作員との接触に適したポイントの確認
別れ工作する上で有利となる情報収集(事実確認等)
相手の心理分析や行動を把握するため事前に調査が必要となります。
対象者の調査(張り込み・尾行)を行う事で、対象者の行動範囲が明確にわかりますし、ご依頼者様の身の安全を確保するという点でもご活用いただけます。

DV男との別れ工作
・工作員との連絡先の交換
・工作員が対象者と接触し人間関係構築
・心理誘導
・事前に打ち合わせた別れ工作の実施
ご依頼者様の身の安全を第一として調査別れ工作を行っていきますので、綿密な打ち合わせが必要となり、進行中でも工作内容が変わってくる場合がありますので常に打ち合わせをする形となります。
別れさせ屋ファストリサーチではアフターフォローも充実しており、ご依頼者様の身の安全を確保する為に護衛する業務も取り入れております。

終わりに
一度警告して約束をしてもDV行為を再び行うのがDV男の特徴です。
再発防止する為にも対象者の心理を読み、別れ工作を進めていく必要があります。
DVを含め女性や子供に対する暴力は重大な人権侵害であり、いかなる状況にあっても決して許されるものではありません。
配偶者等からのDVで不安や違和感を感じましたら、一人で悩まず別れさせ屋ファストリサーチの相談窓口にお気軽にご相談ください。
また、周りの方でDV被害に困っている方がいる場合にも、別れさせ屋ファストリサーチの相談窓口の情報を共有していただき、一人でも多くの方が”相談・支援”に繋がる事ができるよう御協力をお願いします。
一人でも多くの被害者を出さないよう手遅れになる前にお気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました