男遊びがやめられない彼女だけど復縁したい、勇気を出させた復縁工作の成功事例

復縁工作成功事例

復縁相談

  • 依頼者:Tさん・30代・男性
  • 対象者彼女・30代
  • 基本情報:交際期間2年半/お互いバツイチ/彼女子供3人/彼女が前夫から慰謝料の一部として貰った戸建ての家で同棲していた

別れる1カ月前に何か彼女の様子がおかしい事に気が付き、彼女のスマホを本人の目の前で確認。
出会い系のアプリを利用している事が発覚し、彼女に問いただすと、1ヶ月で8人の男と関係を持ったと告げられました。
理由は、僕への不満と現実逃避、憂さ晴らしと言われました。

僕も今後彼女と結婚をするつもりで居たので辛いですが許す事に決めてこの話を終わらせました。
しかし、僕が疑心暗鬼になってしまい、終わったはずの話を再度問い詰めたり責めたりしてしまい、彼女から距離を置こうと言われてしまいました。

僕もこのままモヤモヤしているのが嫌で、彼女の家を出て実家に一度戻りました。

少し時間が経ってもやっぱり苦しいけど好きで、でもどうやって彼女と復縁していいか分からないんです。

夜のバーでの接触

出会い系アプリを使って待ち合わせ場所をバーに設定して、待ち合わせをすっぽかして待ちぼうけのところに女性工作員を接触させてお酒の勢いを利用してお互いの男性遍歴や恋愛観などを語り関係性を深めて行きました。

どうしても男遊びがやめられないという理由として、元夫が女性関係が多くそれが理由で離婚してそのストレスで自身も異性を求めてしまう、浮気や不倫をされる前提でしか男と付き合えない、本当は信用して付き合いたいけど怖くなってしまいその不安からやっぱり異性を求めてしまうとの事でした。

ここまで材料がそろえばあとはTさんの背中を押すだけでそこから先はTさんと彼女二人の話になるのでこれ以上の工作は必要ないとして終了しました。

ところが、Tさんが中々彼女に連絡を取らなかった様で、今度は彼女から工作員の元へ連絡が来ました。

どうやらまだ出会い系アプリを使っているようで、出会った男に暴力を振るわれたという事でした。

話を聞くという事で以前会ったバーで再会し、話を聞きました。

このままでは戻れるものも戻れなくなってしまうと考え、その場に偶然を装いTさんを召喚して一緒に話をするという方法を取りました。

それによりTさんは彼女の家に戻る事になり、無事復縁をしました。

ご契約内容:復縁工作
ご契約期間:2ヶ月
着手金と成功報酬:80万円+20%

コメント

タイトルとURLをコピーしました