浮気がバレて復縁する為に工作員が立ち合い成功させた復縁成功事例

復縁工作成功事例

復縁相談

依頼者:Wさん・30代・女性・埼玉県

浮気現場を覗かれバレてしまい、何か言われるかと思ってビクビクしていたのですが何も言われません。

もしかしたらバレてないのかなと思ったりもしたのですが私の部屋を訪ねてくるのは彼と浮気相手だけなので恐らくバレているかと。

普段から体の関係はほとんどなく、彼の考えている事が読めずに困っています。

彼と居て精神的に本当に楽で、浮気をしておきながら言えたセリフでは無いですが本当に結婚するならこの人と思って居ます。

何も触れられない事が怖すぎて何も聞けません。

ですが、彼とちゃんと付き合って行きたいので話さなければとは思っているのですが…

復縁とちょっと違う様な気もしますが彼との関係性を元に戻したいんですがそういう事って出来ますか?

本音調査で彼氏との復縁の可能性を探る

上記の様なご相談も復縁屋ファストリサーチで承っております。

違和感を感じる恋人との関係を修復する事も『縁』を修復する復縁となります。

浮気がバレた直後に話をせず時間を置いてしまったというのは得策ではなく、どんなに気まずくてもその時に何かしらのアクションを起こさなければ相手には「悪いと思っていない」という風に判断されてしまいます。

Wさんの場合、謝罪のタイミングを逸してしまいましたので、何かのアクションを起こすとすればとても勇気のいる行動になってしまいます。

余り時間を空けては復縁の可能性も下がってしまう事からWさんと打ち合わせをし、早々に着手を致しました。

接触方法としては対象者がよく行くゴルフの練習場で何回か接触し、その後対象者の経営するBarで「あそこのゴルフ場で…」という形で関係を作るといった方法で接触をしました。

対象者のキャラクターを考慮して年配の工作員を接触させ、悩み相談のような方向に誘導していきました。

その中でWさんの話になり、どうしても許せないという本音を引き出したところから、事実は事実として受け止め、今後どうして行きたいのかを考える方が生産的だという方向で話を進め、仲直りをする、復縁をするといった方向に心理誘導していきましたが、抱き合っている最中の生々しい現場を見てしまった事でどうしても自分からは折れる事が出来ないという所で話が止まってしまい、最終的にお店を閉めた後に彼女を呼んでここで話をしようという事になり、工作員立ち合いの下二人が話し合いをする事になりました。

Wさんの謝罪から始まった話し合いは工作員の誘導により、浮気は二度としないという事を誓い無事に復縁する事が出来ました。

契約内容:復縁工作
契約期間:2ヶ月
着手金と成功報酬:110万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました