探偵業届出許可を持っていない悪徳業者に注意!!

ブログ

探偵業とは

定義

探偵業務とは、

  • 他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として
  • 面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い
  • その調査の結果を当該依頼者に報告する

業務をいいます。

この探偵業務を行う営業を「探偵業」といいますが、専ら放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関(報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせることをいい、これに基づいて意見・見解を述べることを含む。)を業として行う個人を含む。)の依頼を受けて、その報道の用に供する目的で行われるものは除かれます。

警察庁HPより一部抜粋

上記に記載されている通り、調査を行う事が出来るのは探偵業務の届出を各都道府県公安委員会に提出し許可を受けた業者のみとなります。

悪徳業者の手口

しかし、この許可を受けずに調査等を行う【何でも屋・便利屋】と称する悪徳業者が暗躍しております。
掛かる費用が相場よりも安かったり、探偵という名前を冠していない事から利用者にとっては入り易く、ついつい依頼をしてしまいがちです。

ところがこういった業者のほとんどが、実際に探偵の様な調査を行う事はありません。
というのも、もしも近隣住民や対象者に怪しまれ警察に通報された場合、探偵業法違反〔届出をしないで探偵業を営んだ者は6月以下の懲役又は30万円以下の罰金〕として逮捕され、刑事罰の対象となってしまうのでその危険を冒してまで調査をする事は無いからです。

実際弊社の方に頂いた案件で、他社に依頼した調査の結果をもとに工作を行って欲しいという事で、日時や方法などをご指定頂く【単発案件】を受けた事がありますが、実際工作当日現地に行ってみると伺っていたお話と状況が異なっていたという事がありました。

弊社の方でもご契約頂いた際に他社の話を聞き、違和感・不信感を抱き、そもそもが自社の情報以外は信用しないというのが探偵の常識ですので、ご依頼者様に弊社の方に調査からやり直させて欲しい旨を伝えましたが、ご依頼者様からご指定頂いた日時まで間もなかった事もあり、取り敢えずやって欲しいという事で受けたもので、この工作が失敗するであろう事は織り込み済みでしたし、その様に伝えておりました。

そして当日、案の定という状況で再度ご依頼者様と打ち合わせをし弊社で調査をする方向で再度契約書を作成し、当日の内に着手致しました。


依頼をするに当たって注意しなければならない事

  • 探偵業の認可の有無
  • 所在地
  • 契約書の内容

上記3点は、どこの会社に依頼するかで最低限必要な注意事項です。

調査・工作をご依頼する前は最低でも3社程度の探偵社に相談や見積もりを取り、業者から提案されたお話を精査した上でご依頼頂く事を推奨致します。

と言いますのも現状、【何でも屋・便利屋】を名乗り依頼後に連絡が取れなくなる業者や、依頼後に一切の調査・工作をしない【何でも屋・便利屋】と称する悪徳業者が増加傾向にあります。

新型コロナの影響により二度目の緊急事態宣言が発令され、リモート面談を推奨する業者も増えて来ましたが、レンタルオフィスで実際にオフィスがない中、オフィスがあると装って契約を勧める業者も増えて来ました。

何もしない業者に依頼して着手金の入金後に連絡が取れなくなり別れさせる事はもとより、詐欺被害にあって泣き寝入りしなければならなくなってしまった被害者も急増中です。

こうした背景から、業者選びについてはご自身でしっかりと確認し、疑問・質問・不明な点は必ず確認するようにして下さい。

また、調査と並行して行われる【別れさせ工作復縁工作】のご依頼は高額な料金が発生するものですから料金だけに捉われてしまい安い業者に依頼しない為にも3社程度の業者への問い合わせや見積もりをもらう事は徹底して行うようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました