悪意により引き裂かれたカップルを復縁させた復縁工作の成功例

復縁工作成功事例

復縁相談

依頼者:Hさん・40代・男性・三重県

元カノが忘れられず復縁したいというHさんは、5年前に知人の紹介で知り合った元カノと、コスプレが趣味だったことから仲良くなり付き合う様になりまた。

交際を始め3年ほど経ったある日、Hさんの身に覚えのない嘘や浮気を咎められたことから喧嘩になり、元カノからその情報源を問いただすも何も教えてくれなかったとの事でした。

結局二人はそのまま破局し1年が経過したときに元カノを紹介してくれた知人と久々に再会し近況報告など雑談をしていて違和感を感じ、その違和感が確信に変わったので知人を問い詰める事になったそうです。

良くある話で、紹介した手前表立って何かを言う事は出来ないので、二人が交際中に裏でコソコソHさんの元カノとその知人は連絡を取り合っていて、その時にHさんの事に関し有る事無い事色々と吹き込んでいたとの事で、いわゆる横恋慕という状態だったそうです。

それにより二人は破局したもののその知人もHさんの元カノに交際を申し込んだが振られてしまったようで、腹いせに真実を告げないまま今に至ったとの事でした。

連絡を断ってから1年、どうしていいかわからず連絡をしたとしても相手に新しい恋人が居るのであれば壊すようなことはしたくないし、そもそも今更真実が分かったところで「だからなんだ」と思うという風にも考えられどうしていいか分からないという状況でご相談頂きました。

要望と提案

契約後の打ち合わせで相談内容を煮詰め、先ずは彼女の現状、もし今恋人などが居なければHさんに復縁の可能性は在るのかという事を確認し都度対応していくという方向で定まりました。

その後調査の結果、今現在恋人はいないようで特にこれといった気になる点も有りませんでした。

予定通り接触をする為に、そのポイントとしていくつかを提案し協議の結果対象者がコスプレイヤーとしても活動している事も有り、個人撮影会の予約受付をしている事からそちらに申し込んで接触をするという事で話がまとまりました。

この手の個人撮影会というのはほとんどの場合撮影者が男性ですが、関係性の構築やその後の話の進めかた等々を考慮し女性工作員を派遣し接触いたしました。

撮影会での接触を何度か繰り返すうちに休憩時間にプライベートの話をするようになり、必然的に恋愛トークになりHさんの話になりました。

Hさんと別れた後何人かの男性ともお付き合いをしたそうですが、結局の所Hさんが忘れられず長続きしなかったという状況で、今現在は誰か好きな人が居る訳でも無く趣味や仕事を楽しむ毎日に忙しくしているとの事でした。

そんなに忘れられないような人なら・・・というような話から心理誘導で復縁を意識付けさせ対象者の方からHさんに連絡を取ってみる事を促しました。

その結果およそ2週間ほど掛かりましたが対象者の方からHさんに連絡が有り、久しぶりに会おうという話になり復縁に至りました。

契約内容:復縁工作
契約期間:5ヶ月
着手金と成功報酬:150万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました