恋人にはなれなくていいから友達に戻る方法ってありますか?という復縁工作の成功事例

復縁屋関連記事

依頼者 :Sさん
住まい :東京在住
職業  :営業職

ご相談内容

出会いはマッチングアプリで3ヶ月前に別れたが、別れて1ヶ月後に彼の方から復縁したいと言われて一度は復縁に成功するものの1週間後に「やっぱ無理。」と言われて別れてしまったとの事でした。

1回目、2回目の別れを切り出された時に縋ってしまい、家まで押し掛けるもののストーカー扱いされてしまい、「ストーカーだ!」と言われた以降は嫌われているという自覚があるとの事でした。

マッチングアプリの出会いから8ヶ月付き合ったが、後半4ヶ月は些細な喧嘩ばかりで、関係は良好とは言えず、いつ別れを切り出されてもおかしくない状態だったけれど甘い気持ちで大丈夫…と鷹を括っていたがサバサバした子が好きな彼に嫌がる事ばかり言ってしまった事を後悔しているとの事でした。

LINEはブロックされてないけれど、いつブロックされるか分からないので怖くて連絡出来ない状態でマッチングアプリでの出会いの為、共通の友人は居らず、一人ではどうにも出来ないと考えて復縁工作を検討したとの事でした。

2回目に別れてから彼は引っ越しをした様子でしたが家まで行くとストーカー扱いされる為、確認が出来ないとの事で、別れてからは出会ったマッチングアプリを再開してるようでもう一度マッチングアプリで連絡を取るべきか悩んだ末に自分でどうにかしようとすれば失敗する事が怖い為依頼に踏み切ったとの事でした。

交際相手とは言わないので友達に戻りたいというご相談なので友達に戻る程度の復縁工作のご提案をさせて頂きました。

友達に戻る為に当社が提案した復縁工作の方法とは?

友達に戻る為に当社が提案した復縁工作の方法はS様が対象者にストーカー扱いされているのはどの程度本気なのか?を接触して聞き出す事で対象者の本気度具合によってその先の方向性を変えていきましょう。というご提案をさせていただきました。

ストーカー扱いというのはされた側はいつ逮捕されるかもしれない…という恐怖を持ってしまうもので近付くだけでも警察を呼ばれるのでは?と不安を感じます。

その為、ストーカー扱いされた真意を聞き出していく事でS様との距離感も測れるので再会の仕方までを考えられるという結論になります。

対象者を調査し、対象者との接触ポイントを探して工作員を接触させて人間関係を作る形を取りましたが社交性のある対象者なので工作員とすぐに打ち解けていきました。

工作員と話しが盛り上がっていると過去の恋愛の話に繋がり、S様の事を特定する話しが出てきましたがストーカー扱いというよりも少しおかしな女性という印象を持っていた事が分かりました。

S様にその旨を伝えて何がおかしいと思われているのか?等の根本的な部分を改善させる事もサポートしながら工作員と対象者は人間関係を構築していき、工作員と対象者が接触している時にS様から担当者が作成した内容のラインを送らせました。

お酒を飲む場で女と話したいねと工作員が話すと、この前話したちょっとおかしい女なら今からすぐ呼べるよ。という話しをされ、対象者にS様を呼び出していただき、対象者とS様の再会の場を作る事が出来、S様のフォローを工作員がする事で友達に戻りたいというS様の依頼を成功させる事が出来ました。

ご契約内容
契約期間:2カ月
着手金と成功報酬:60万円+20%

コメント

タイトルとURLをコピーしました