復縁工作成功事例~15年前許されぬ恋をしていた恋人と復縁したい

復縁工作成功事例

依頼者:Oさん・40代・女性・東京都

15年ほど前いわゆる不倫関係に在った恋人がいて、今言うW不倫というものになるのですがその彼と復縁したいです。

なぜ今更こんな事を考えたのかと申しますと、昨年夫が亡くなりました。
高齢だった事もありますのでまあこんなものかと思いますが、色々と後処理をして落ち着いた今、ようやく彼の事に関してちゃんと考える事が出来るという切っ掛けに夫の死がなったという感じです。

ただ、当時お互いに不倫であった事は分かっているので名前くらいしか確実に分かると言えるものがありません。
このような現状で彼を探し出して復縁というのは出来るのでしょうか?

相手の情報は思い出の中に意外とある

Oさんから頂いた相談を弊社の方でもしっかりと吟味して、時間を掛けてお話をさせて頂きました。

最終的に依頼を頂く事になりましたが、今回の依頼ですとOさんのご記憶が一番重要な情報となる為、出来る限り会話の中の細部に至るまで思い出して頂きOさんの記憶の中から情報収集を致しました。

何度も話をさせて頂き彼との会話の中から会社の大体の所在地、業種が分かりましたのでそちらの方面から会社を特定し、本人を見つける事が出来ました。

対象者が特定出来ましたのでその身辺調査を行い、5年ほど前に離婚をしている事が分かり現状でお付き合いをされている方というのはいらっしゃらない事から接触ポイントを行き付けの居酒屋に設定し、接触する事に致しました。

長く時間が空いた復縁は、出会い直す再会になる

同年代の工作員が最近この辺りに引っ越してきて友達が居ないという事で対象者と仲良くなり色々と話を聞き出していきました。

対象者はOさんの事を何となく覚えている程度の様子で、復縁に心理誘導をしていく事が出来ないという事から偶然再会するというテイで出会い直すという方針にした方が良いという事をOさんとの協議の結果で決めました。

Oさんには弊社の方で根回しをしたスナックで働いているというテイを作り、そこに工作員が対象者を伴って飲みに行くという形で再会する方向に決まり、その様に段取りを組み対象者を誘導していきました。

余り印象にない様な事を言っていた対象者でしたが、Oさんが席に着くなり「あれ?Oさん」とすぐさま気付きとても驚いていながらも嬉しそうにしていました。

Oさんを思い出し、二人の会話の中で当時どの様に考えていたのかという事が分かってから工作員の心理誘導が効果的であると判断できたので復縁をする方向へと会話も対象者の気持ちも持っていきました。

その後何度かお店を訪れた対象者は、「今はお互い独身だし、やり直すならこのタイミングだよね」と復縁を申し出て、無事復縁工作は成功致しました。

契約内容:復縁工作
契約期間:5ヶ月
着手金と成功報酬:140万円+30%(+消費税)

復縁屋ファストリサーチの復縁工作成功事例をご紹介いたします
復縁屋ファストリサーチで承った復縁工作が成功した事例を掲載させて頂いております。 こちらに掲載させて頂いて居ります復縁工作成功事例、復縁相談事例などに関しましては元依頼者様に許可許可を頂き、個人等が特定出来ない様若干の修正を加えております...

コメント

タイトルとURLをコピーしました