復縁工作成功事例~自ら振った相手と復縁したい

復縁工作成功事例

依頼者:Hさん・男性・40代・神奈川県

仕事が忙しく、給料もよくない会社に務めていた事があり、その時に精神的にバランスを崩してしまい彼女に別れを告げてしまいました。

最近その会社を辞めて別の仕事に転職する事が出来、少し過去を振り返る事が出来るようになり彼女と別れてしまった事を後悔しています。

別れてから3ヶ月経つのですが、復縁工作は可能ですか?

Hさんの働いていた会社というのは所謂ブラック企業で、たった1年ほどの在籍期間で身も心もボロボロになってしまったそうです。

別れる時には「疲れた」という言葉を残して別れたくらいで、彼女の事を気遣ってあげる余裕すら無い様なそんな状態だったようです。

精神的に不安定になり、まともに考えられない状態で別れを選んだ場合十中八九後悔する事になります。

恋愛をする上で自分の心の安定というものがかなり重要だという事を証明した案件と言えると思います。

もしも新しい恋人が居なかったら復縁工作を実行する

Hさんとの打ち合わせで、調査段階で対象者に既に恋人が居たら諦めるという方向になりその時は復縁工作は行わないという事に決まりました。

幸い対象者には新しい恋人はおらず、復縁工作を実行する事になり接触ポイントは対象者の通っている英会話教室に設定し、女性工作員を潜入させ関係性を築いて行くという方法になりました。

潜入する英会話教室ではある程度のレベルごとにクラスを分けており、最初に投入した工作員は違うクラスに振り分けられてしまい接触を図る事が難しい状況になってしまったため急遽別の女性工作員を投入するもまた違うクラスに振り分けられてしまいました。

もし3人目で駄目だった時には違う接触ポイントから入ろうとHさんと相談していましたが3人目は無事に同じクラスに入る事が出来ました。

復縁してもいいかなと思わせる

上手く接触ができ関係性を構築して行く中で、対象者と工作員は友情を深めて行きます。

次善策として先に投入していた工作員2名も同じスクールに通う仲間として友だちの輪に加え誰とも会わないという状況を回避し毎回会うたびに世間話からプライベートの話しをするようになり、Hさんの話しを引き出して行きました。

いまだにHさんを心配している対象者、復縁してもいいかなではなく復縁したいと思わせるように心理誘導をする事が出来、後日復縁したいという事でHさんに連絡が入りました。

多角的な心理誘導により復縁したいと対象者の方から申し出たとても上手くいった復縁工作の成功事例でした。

契約内容:復縁工作
契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:80万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました