復縁工作成功事例~自ら別れを告げた恋人が忘れられず復縁したい

復縁工作成功事例

依頼者:O・N様:女性:30代:宮城県

元カレと復縁したい。
出会いはマッチングアプリで、知り合ってから3回目のデートで付き合うという事になりました。
付き合ってからずっとどちらかの家でのデートばかりで、やる事と言えばゲームかセックスだけで私は何処かに出かけたりしたかったのですが彼は出不精の様で全く話を聞いてくれませんでした。

だから私は何処にも行かないなら会わないと彼に言ったらケンカになり、最後に私が「体目当てだったの?」と聞いたらさらに怒って怒鳴られたので「もう無理、別れよう」と言ってしまいました。

確かにムカつくし、本当に体目当てだったのかなと思う事もありますが、あれほど愛情表現をちゃんとしてくれる人は居ないので、別れてしまった事を後悔しています。
気付くと彼の事を考えてしまう様になり、やっぱり好きなんだなと実感しています。

マッチングアプリでの出会いの半分以上は体目当て

マッチングアプリで出会って交際をして行くに当たっての注意事項は多々ありますが、よく懸念されるのが体目当てという場合と、共通の知人が居ない事から相手が本当はどういう人かが分からない、それによりトラブルがあった時に間に入れる人が居ないという事。

手軽に相手を見つけられる反面デメリットも多い事を理解して利用される事を望みます。

O・N様の依頼を受け弊社でもそのような懸念がありますので調査段階でそういう人間性が確認出来たら復縁する必要はないのではないかという事をご説明させて頂き着手致しました。

案の定対象者は同じマッチングアプリを利用しており、他にも異性と会ってはいましたが特定の女性と会っているという事はなく単純に性欲処理としてマッチングアプリを利用している様でした。

O・N様とのように付き合うという事はしていない様子で、O・N様の件で懲りたからと考えれば8割方体目的ではないかという所では有ったのですが、本当のところは本人に聞かないと分からないという事がありますのでO・N様と相談の結果彼の本音を聞き出して欲しいという事で工作に着手致しました。

対象者のTPOに合わせた接触方法

対象者は割と端正な顔立ちをしており、外に出る時にはオシャレをするといった感じの方でしたので、繁華街を日中歩いている時にカットモデルになって貰えないかという事で工作員に声を掛けさせ後日連絡するという事で連絡先を交換し、近付いていきました。

様々なやり取りを行い個人的に関係性を作って行き友人として会えるような関係性を作り対象者の人間性や本音を探っていきました。

話がマッチングアプリや恋愛事情になった時を逃さず掘り下げていき、O・N様についての話を聞き出す事に成功し本音を聞き出したところ、最初は体目的だったけど実際には体の相性も良かったし、一緒に居て何もしなくても楽しいというか落ち着くという事でした。

別れ際に「体目当てだったの?」と言われた時は図星だった部分もあるから焦って怒りでごまかしたら振られてしまったと後悔をしていた事が分かりましたので復縁を意識付けて行くよう心理誘導を行い対象者の方から気持ちを伝えるよういい含んだ結果後日O・N様の所に対象者から連絡があり、本音を伝えた上で謝罪をし復縁を申し出る事で無事復縁する事が出来ました

ご契約内容復縁工作
ご契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:100万円+10%(税別)

コメント

タイトルとURLをコピーしました