復縁工作成功事例~緊急事態宣言で壊れてしまった関係性の修復~

復縁工作成功事例

依頼者 Yさん 神奈川県 30歳 女性

ご相談内容:復縁相談
昨年別れた人と復縁をしたくて(お互いそう思っていた)緊急事態宣言後、私は彼の家に居ましたが、彼のテレワークが始まったり、仕事のストレスからかまって貰えず、一緒に寝る事もなく、お互いを否定し合うような喧嘩になり、私が一切合切持って、夜逃げするように出てきました。
最悪な結末ですがで、まだ愛してます。
復縁できるでしょうか?

ご提案内容

自分から別れを告げてしまったのにも関わらず復縁したいというご要望で、彼と今後を考えた上で話し合いの場を設ければ、コロナ禍という状況も乗り越えていけると判断しました。
お互い離れてから気づいた事や、一緒にいる時間が増えたのにも関わらず、心がなぜ離れてしまったのか?
一緒にいる時間が多くなった事で、普段気づかない嫌な部分だけに目がいってしまった結果です。
話し合いをするにあたり、彼から同じ事を繰り返すと思われないように進めていく必要があります。
Yさんは彼と連絡が取れている状態でしたので、彼の心を元に戻すための心理誘導をYさんと一緒にしていく形となりました。
お互いすれ違いになっていただけなので、関係性の修復まで時間はかかりませんでした。
ただ、焦って直ぐ同棲を始める事はお互いのためにならないので、頭を冷やす期間は必要です。
同棲についてはタイミングを見ながら話し合いを進めていく方向性になりました。
同棲は解除されたままでしたが、謝るタイミングやアピールするポイントをアドバイスする事により、お互い良い距離感で復縁する事が出来ました。

ご契約内容:復縁アドバイス、復縁サポート
ご契約期間:1ヶ月
着手金と成功報酬:15万円

コメント

タイトルとURLをコピーしました