復縁工作成功事例~破綻しそうな夫婦間を修復(復縁)したい~

復縁工作成功事例

依頼者 N様 大阪府 45歳 男性

妻に別れたい、離婚したいと言われました。(子供はいません)
事の発端は、妻の不倫が発覚して以来(その時は話をして許しました)飲みに出かける時や趣味のマラソンをしに行く時などに口うるさく(誰と何処にという感じで)言ってしまい「感覚のズレがある・考え方が合わない・しばられたくない」と言われてしまいました。
それから妻は何処に誰と行くなど一切言ってくれなくなり、家にいても会話はなく家庭内別居が続いている最中に離婚を申し出されました。

私の至らない部分についてはしっかり改善していき、妻との関係性を修復していきたいと思っております。
このような最悪な状況でも復縁する事は可能でしょうか?
宜しくお願い致します。

ご提案内容

N様のご要望は奥様に他の異性がいないかどうかの確認と、復縁するためのアドバイスでしたので、奥様の身辺調査と同時進行で復縁アドバイス・復縁サポートを遂行していく方向になりました。
呑み仲間やマラソン仲間から調査を開始し、怪しい行動は全く見られませんでした。
その後、奥様とのコミュニケーションの取り方や対応の仕方についてアドバイスをしていましたが、N様はどうしても奥様の事が気になってしまい、スマホを勝手に見てしまったりしていました。(スマホの中身はN様の愚痴などを中心に同じ既婚者男性とやり取りをしていました)
疑心暗鬼になっている事は奥様もN様と話をしていて気づいてしまう事だから、全て許してあげて包容力のある男性を目指してもらいました。
ですが、何度言っても気になってしまうらしく、その都度担当者が止めていました。
奥様はN様とのストレスの吐け口がなく、飲み仲間やマラソン仲間に愚痴を言って吐き出していただけで、やましい事は全くなかったのです。
信じてもらえない人と一緒にいても面白くありませんし、苦痛な日々を過ごすだけです。
N様には最終的な判断をしてもらう形となり、奥様の全てを受け入れるという事でしたので、行動や言動に細心の中止を払って生活して頂きました。
コロナの影響もあり、自宅で顔を合わせる事が多くなりましたが、その後Nさんは奥様との関係性を少しづつ修復していく事ができ、無事復縁する事が出来ました。
今までお互いの意見を言い合ってこなかったのですが、距離感を縮めてお互いの意見を言い合える仲に戻り、趣味であるマラソンも一緒に行っているそうです。(事前に関係性を修復するためにNさんには少しづつ奥様にアピールしないでマラソンしてもらってました)

ご契約内容:調査復縁アドバイス、復縁サポート
ご契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:60万円+20%

コメント

タイトルとURLをコピーしました