復縁工作成功事例~着拒・ブロックされた恋人と復縁したい

復縁工作成功事例

依頼者:KJ様・女性・20代・東京都

3年お付き合いをしていた男性が居たのですが、別れを告げられました。
理由は私の嫉妬や束縛が重いという事でした。

彼は少し特殊なお仕事をしていて、周りに人が多く特に女性が多くいます。
私は不安から嫉妬や束縛をしてしまい、それがどんどんエスカレートしていき、最終的には自分が安心したいがために私の為に仕事をやめて欲しいと言ってしまいました。

その言葉が切っ掛けで振られてしまい、私はそれが受け入れられず何度も電話やLINEをしてしまい着拒・ブロックまでされてしまいました。
どうしたらいいか分からずネットで復縁方法を検索していたのですが相手と連絡が取れない以上どの方法も使う事が出来ず先ずは着拒・ブロックを解除する事だと思い相談させて頂きました。

多くの復縁屋さんでは解除が出来るとの事なのですが、解除の方法というのは具体的にどうするのですか?
出来れば、なんとか復縁したいのですが解除が出来れば復縁は出来ますか?

難易度の高い対象者

KJ様から頂いた復縁工作の依頼に関しては、対象者となる彼が大きく分類するとメディア関係者ですので為難易度が非常に高く、接触は容易でも警戒心が高いので関係性の構築というのが難しいという案件でした。

対象者がどんな方であれまずKJ様には自己改善が大いに必要で、恋人関係はおろか友人として受け入れてもらう事すら難しいといった状況で、ブロック解除が出来たとしてもその後も継続して連絡を取り合うというのはKJ様の改善ありきのお話しであるという事を良くご理解頂き契約書を交わしました。

対象者との接触方法については案件の性質上伏せさせて頂きますが対象者の友人を利用する事で接触は成功し、連絡先の交換をしゆっくりと関係性を構築していきました。

友人を介して繋がっている事から比較的その動向は掴みやすく食事の機会があれば呼んでもらい、プライベートな会話にも入れるようになり恋愛などの話も少しずつ聞き出していきました。

対象者の本音は…

複数回に及ぶ接触によりある程度の信用を得た工作員は、対象者と二人で食事に行けるようになりより深く色々な情報を聞き出していき、KJ様の話に触れる事が出来ました。

対象者曰くKJ様のことはもう好きでも嫌いでもない、恋人としての復縁はあり得ないけど友人の一人として関係を持つことは今後あり得なくはないとの事でしたので、これ等の話を元にKJ様と打ち合わせを行い恋人としてではなく友人の一人として関係を修復していくようゴールを設定し直し、工作を進めて行きました。

対象者に接触をしている工作員はタイミングを計りながらKJ様の話になるよう誘導していきLINEのブロック解除と、その場でメッセージを送らせる事に成功しました。

その後アフターケアとして3週間ほど様子を見てLINEのやり取りなどをアドバイスしていき安定した関係性を保てるようになり契約は終了し、復縁工作は無事成功致しました

ご契約内容復縁工作復縁アドバイス・復縁サポート
ご契約期間:5ヶ月
着手金と成功報酬:240万円+30%(税別)

コメント

タイトルとURLをコピーしました