復縁工作成功事例~恋人に距離をあけようと言われてからの復縁

復縁工作成功事例

依頼者:Sさん・20代・女性・東京都

3カ月ほど前彼氏にこのままだと好きかどうか分からなくなりそうだから距離をあけようと言われましたが戻れる気配がありません…

特に何かトラブルがあった訳でも何か言われた訳でも無いので彼の気持ちの問題なんだとは思いますが、この3か月間は1日2~3回のLINEのやり取りだけしかしていません。

いつまで距離をあければいいの?という質問には答えてくれず毎回スルーされてしまいます。
彼にはもう戻る気が無いのでしょうか?

私は彼が好きなので何とか付き合いを続けたいのですが復縁工作というのはこういう場合に効果的なのでしょうか?

恋人が何を考えているかを聞き出す

恋人から距離をあけようと言われた、恋人が何を考えているのかが分からないというご相談を多く頂きますが、その際に有効なのが本音調査というものになります。

Sさんのケースでも恋人が今何を考えていて今後二人の関係をどうしたいのかを聞き出す必要性がある事から対象者と友達になれるよう接触をしていく必要がありました。

接触方法は対象者の環境やキャラクターによって変わってきますので似たケースはあっても同じという事はありません。

今回のSさんのケースですと、対象者がかなり社交的な方で友人らとよく見に行く格闘技の会場で工作員が声を掛ける様に致しました。

とてもノリのいい対象者はその場で格闘技の試合を見ながら盛り上がり連絡先を交換しその日の内にお酒を飲みに行く事が出来友人として認識を持たせる事に成功しました。

たまに連絡を取りながら遊ぶ約束を取り付け、飲みに行くという流れを何回か行い相談する・されるという流れを作り出しSさんの事を聞き出していきました。

本音調査で得た情報を元に自己改善と心理誘導

対象者曰くSさんについては惰性で付き合っているような気がしてそれじゃあSさんに対して余りにも失礼だから自分の気持ちを確かめるとともに久しぶりに会ったらまた見方が変わるのではないかという狙いがあり距離をあけているそうで、特にこれといった問題はないという事でしたが要は飽きてきた、倦怠期という状況にあるという事が分かりました。

というのもここ1年ほど会うのは専らSさんの部屋でほぼすっぴんの状態でしか会っておらず、刺激や女性としての魅力的な物を感じにくくなっていたという事が考えられます。

対象者のキャラクターを加味してSさんがおしゃれをして異性と会っているところを見せる事でそれが刺激となり好きという気持ちが再燃すると考えた弊社では、Sさんが2対2で異性と会っている状況を工作員を使って作り出し、皆で食事をしているところに対象者を連れ出しました。

気付かない振りをしていた対象者は工作員と席に着くなり「あそこで彼女が合コンみたいな事をしている」と、少し焦ったような素振りを見せました。

そこから工作員は復縁を意識付けるよう心理誘導を行なっていき、対象者をSさんの居る席に行かせました。

学生時代の友人という設定で、友達と飲んでいるだけという風に伝えたSさんに対象者は「嫉妬した」と告げ元通りの交際関係に戻る事になりました。

契約内容:復縁工作
契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:100万円+20%(+消費税)

復縁屋ファストリサーチの復縁工作成功事例をご紹介いたします
復縁屋ファストリサーチで承った復縁工作が成功した事例を掲載させて頂いております。 こちらに掲載させて頂いて居ります復縁工作成功事例、復縁相談事例などに関しましては元依頼者様に許可許可を頂き、個人等が特定出来ない様若干の修正を加えております...

コメント

タイトルとURLをコピーしました