復縁工作成功事例~復縁屋をたらい回しにあった挙句恋人に別れを告げられたケース

復縁工作成功事例

依頼者:HK様・男性・40代・愛知県

彼女との関係が険悪な感じになり、LINEなどのSNSだけで復縁出来るという復縁屋に依頼をして指示通りに送っていたのですが現状に全く変化はなく、関係の修復は出来ませんでした。

このままじゃ別れる事になってしまうと危惧し、別の復縁屋で復縁工作を依頼しました。
金額が安い事から依頼をしましたが、全く状況が進展せず結局工作は失敗してしまい復縁は出来ませんでした。

その後別の復縁屋に依頼しましたが全く上手く行かず、結局彼女に振られてしまいどうしていいか分かりません。
でも自分で復縁する事は無理そうなので誰かを頼らざるを得ません。

この様な状況で、御社ならどの様に復縁工作を行いますか?

復縁屋選びに失敗すると状況が悪化する

復縁屋を称する悪徳業者や、リスクなどを説明しない無責任な業者に当たってしまい、本来の望みである対象者との復縁から遠ざかってしまうというケースは少なくありません。

HK様も復縁したいという本来の願いから逸れてしまいちゃんとした復縁屋を探すという事そのものが望みになってしまっているという状況でした。

ご相談時に懸念される点や不安な点についてしっかりと説明をさせて頂き、冷静になったところでしっかり考えて頂いてからご依頼を頂きました。

ただ、状況としては難しく、前に接触している業者がある事から対象者が警戒している事が十分考えられますので慎重に調査を進めて行き接触ポイントを探しました。

対象者の性格に合わせた接触方法

前の復縁屋が失敗したというよく行く居酒屋での接触は諦め、対象者がペットの犬を連れてよく行く公園で工作員の顔を覚えさせ、自宅の最寄り駅でバッタリ会ったという体で飲食店の覆面調査員を探していて道行く人に声を掛けていると伝え連絡先を交換する事に成功しました。

これは、対象者がよく行くお店がいくつか入ったリストを作成し、対象者の行動範囲や社交性、嗜好などを加味した結果導き出した接触方法でした。

実際に架空の調査票を作り採点してもらい、謝礼を支払うという形のアルバイトであると説明していたので、1回仕事を振ると対象者の方から連絡が来るようになり、何回か仕事を振ったのち仲良くなっていきました。

関係性を深めて行き過去の恋愛話を聞き出せるようになりHK様の話も引き出していきました。

対象者曰く、優柔不断な所や男らしくないところなどを挙げ、別れた理由はそういった部分にあるという事が判明し、HK様と打ち合わせを行い改善に努めていきました。

アプローチの方法としてはHK様の方から対象者の方にアピールをしていく事が近道と判断し対象者に復縁を意識付ける心理誘導と並行して行っていき、最終的にHK様から復縁を申し入れる事で復縁工作は無事成功致しました

ご契約内容復縁工作復縁アドバイス・復縁サポート
ご契約期間:4ヶ月
着手金と成功報酬:150万円+20%(税別)

コメント

タイトルとURLをコピーしました