復縁工作成功事例~彼氏の浮気を疑い調査を依頼、そして復縁

復縁工作成功事例

依頼者:AK様:女性:40代:大阪府

今付き合っている男性に女の影があり、私がその事を問い詰めるとケンカになり、

「そんなに俺の事が信用できないんだね。今自分が何を言っているか分かってるの?そんなに信用がないならもう終わりだよ。」「Kの頭が冷える迄連絡してこないでよ」

と言われてしまいました。
その場で縋りついて許しを請い泣きじゃくってしまって、彼にドン引きされてしまいました。

翌日にも一睡もしてない冷静でない頭でLINEを送り自宅までまた押し掛けてしまいました。
けれど未読無視で会ってもくれませんでした。

彼が何をしているのか知りたくて探偵さんを雇い彼の動向を調べて貰いましたが分かったのは普段通りの生活をしているという事だけでした。

最初は彼の何かしらの粗を探してそれを材料に復縁を迫るつもりでいたのですが当てが外れてしまいました。
どうしたら良いのか分からず復縁についてネットで色々検索をして、冷却期間を置くなどの処置が良いとあったのですが3カ月とか書いてあるのでそんなに待てないと思い第三者にお願いしようと考え御社に連絡をしました。

復縁屋さんというのは最短でどのくらいで復縁をさせてくれるのでしょうか?

復縁よりも自己改善が優先されるケース

AK様に関してはまず復縁屋に依頼をする事のデメリット、リスクを説明させて頂き知識を得て自身で冷静にご判断頂くため他数社に話を聞き復縁工作がどういうものかを理解して頂く必要があると考え、一度お断りをさせて頂きました。

後日ご連絡を頂いた際にには大分落ち着いておりましたのでどの様に進めて行くかなどの提案と見積もりを伝え、直ぐに決断をするのではなくまた他数社に相談をしてご自身が納得の行くところで契約をして下さいという事を伝えました。

数日後完全に正気を取り戻したAK様と弊社は契約書を交わし復縁工作へと入って行きました。
勿論その際に自己改善が必須と考えていた弊社ではAK様にはそちらに努めて頂けるようお伝えしサポートしていきました。

対象者の本音…

調査の方は順調に進み早速彼が利用しているとあるアプリ内で接触し、リアルで会う段取りを付けて行きました。

共通の趣味がカラオケであるという設定からカラオケ店に行き、交流を深めて行き何度目かの接触の時には緊急事態宣言中だった事もありアルコール類が提供されない事から中々深い話が出来ず、持ち込みOKのお店に河岸を変え、お酒の力を借りて話を聞き出していきました。

実際問題対象者としてもAK様の事を面倒であるという思いはあるものの、その面倒な部分が好きだったり、求められる事に喜びを感じている様でいわゆる共依存に近い状況でもありました。

この事から復縁自体はとても簡単に事が運ぶ事が分かりましたので、AK様と協議をし復縁自体は可能であるが今の関係性のまま付き合って行くと必ずまた苦しくなっていく事をお伝えしましたが、それよりも1分でも早く彼とよりを戻したいという事でしたので、対象者の方からAK様に連絡をするよう誘導していき無事に復縁は叶いました

ご契約内容復縁工作復縁アドバイス・復縁サポート
ご契約期間:2ヶ月
着手金と成功報酬:90万円+20%(税別)

コメント

タイトルとURLをコピーしました