復縁工作成功事例~対象者の性格を分析して工作員が誘導していく方法

復縁工作成功事例

復縁相談内容

依頼者:Hさん・40代・男性・京都府

クラブのママと先週まで付き合っていたのですが、価値観の違いという事で振られてしまいました。
彼女は結婚をしたいらしく、その事を頻繁に話し合っていたのですが私としては彼女の仕事上彼女を目当てで寄ってくれているお客さんもいる事から今じゃないのではと思っていて、いつも平行線で終わっています。

彼女の「私は別にオンナを売り物にしている訳では無い」という事も分かるのですが、男性側として見ればあわよくば的な考えもあると思っているので独身としていた方が収益につながると思っているので考えが合いません。

かといって私自身も結婚をしたくない訳ではないので今では無いという風に伝えているというのが現状でしたが、先週またその結婚話になりその時にこうまで価値観が合わないなら未来はないと言われてしまい、返す言葉が無かったので黙っていたら「別れましょう」と言われてしまいました。

私としては彼女とゆくゆくは結婚という風に考えていたので何とか復縁したいです。
どうかよろしくお願いします。

復縁工作成功のカギは対象者の性格分析

上記の相談から契約に至り、Hさんから頂いている情報を元に調査員を向かわせ情報収集し、お店にお客さんとして工作員を潜入させ接触させる方法を取る事に致しました。

その際一見さんではテーブルに着いてちゃんと話をしてくれないという事もあり、先ずは常連客の一人と仲良くなりママを紹介して貰うという方法を取りました。

常連客の一人であるとある会社の社長さんと店内で接点を持ちママを紹介して貰いました。
その中で工作員は対象者の言動から同じような立場、環境の人間からの話なら聞けると判断し、次回別地域のクラブのママをやっている自分の家内を連れて来たいと提案し次回の来店を約束しました。

次の接触の時、工作員の妻役の女性工作員を伴って来店し、対象者であるママが席に挨拶に来てくれました。
何度か通う内に話は仕事などの話を交えて工作員夫婦の馴れ初めなどの話になり、ある日少し話したいという事でアフターに行く事になり、そこで対象者は元恋人の事で悩んでいる事を告白し、価値観の違いというよりも逆プロポーズをしているのに躱されるという状況に腹が立ち勢いで別れようと言ってしまったが本当は復縁したい。

でも立場のある彼女のプライドがそれを邪魔して中々連絡が出来ないでいるという事だったので、女性工作員の誘導で連絡をしてみるという様に決断をし、Hさんへ連絡があり一度会って話をしようという事で会う事となり復縁しました。

契約内容:復縁工作
契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:110万円(クラブ代など経費込み)+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました