復縁工作成功事例~借金がバレて呆れて出て行った妻との復縁

復縁工作成功事例

依頼者:Sさん・30代・男性・東京

奥さんと復縁したいです。

内緒にしていた借金がバレて、その理由を聞かれて許してもらおうと本当の事を言ったら別居になってしまいました。
ちなみに借金の理由は馴染みのあるスナックの女の子の誕生日プレゼント代と飲み代で使いました。

何に一番怒っているのか分からずそのまま「何で?」と聞いたら「馬鹿じゃないの?」と言われてしまいそのまま出て行くと言われ出て行きました。

実家にいるという事は分かりましたがそれ以降何を質問してもスルーされています。
僕は許して欲しくて、謝りたくて正直に話したのですが、こんな事になるなら正直に言わなければよかったのでしょうか?

僕は別れたくないし、別居も解消したいのですがどの様な方法を取れば復縁が出来ますか

復縁をするには先ずは自分の事、相手の事を考える

Sさんのお話しを聞き、まずご自身で改善しなければならない事や物事の考え方や行動を改める必要があるという事、現時点で離婚についての協議なりのアクションを奥様が取っていないので直ぐには離婚には至らないという事を踏まえてお話をさせて頂きご自身で出来る事をして何がいけなかったのかを再度考えて頂くよう契約までに少し時間を置きました。
後日何が間違っていたかという事を真剣に考えたその答えを聞かせて頂き、その上でSさんにも自分で復縁する為に出来る事があるという事をご理解頂きどうするかを尋ねたところ復縁工作の依頼をしたいとの事でしたので契約書を交わしました。

何にせよ対象者である奥様と関係性を作り本音を聞き出す事が重要課題となりますので調査で判明した接触ポイントから対象者に近付きました。

週に3~4回朝散歩をしており、対象者が大の犬好きであり散歩中にすれ違時に寄ってくる犬が居ると必ず足を止めてじゃれ合うという所で犬を連れた工作員を接触させる事にしました。

接触に成功し何度か顔を合わせて行き関係性を構築していきました。
プライベートの話に誘導していきSさんについての情報を聞き出していきました。

間隔がズレていると正直ではない

対象者曰く、Sさんが正直にというのであればそもそも借金をする事を相談すべきで、その時初めて理由として昔から知っている子で、ちょっと義理があってそういう事をしたいんだって話をしてほしかった。

むしろそういう相手が居るという事も知らなかったのでトリプルパンチになってしまい怒りが沸点に達したという事だったそうで、やはり離婚の意志はなく自分の怒りが落ち着いたら戻ろうと思っているとも言っていたので、時間が解決する状況である事は間違いありませんでした。

また、あんなバカな人を放っておいたら何をするか分からないから早く監督下に置かなきゃとも言っていたのでその様にするべく心理誘導を掛けて行きました。

数日後、対象者が戻ってきたという連絡がSさんから入り、無事復縁工作は成功致しました

ご契約内容:復縁工作復縁アドバイス、復縁サポート
ご契約期間:2ヶ月
着手金と成功報酬:80万円+10%(税別)

コメント

タイトルとURLをコピーしました