復縁工作を開始する前に、事前調査で新しいパートナーがいる事が判明したら

復縁工作成功事例

依頼者 Kさん 兵庫県 35歳 女性

ご相談内容:復縁相談
交際期間1日。
別れた原因は、LINEのやり取りに対する価値観。
彼から一方的にLINEで別れを告げられ、更にはLINEブロックまでされました。
あまりにも自分勝手だなと感じたので、納得できずにいます。
相手からのLINEの返信が遅いと不安になり、変な勘繰り(妄想)をしたりです。
告白の返事を急かしてきたり、会って2回目の段階で持病をもっていると聞いていた手前もあり、最初彼からの告白をかなり渋っていました。
ただ、私からの返事を長いこと待っていてくれていた姿勢から、遊びではなく本気で向き合ってくれていると伝わり、何より好きという気持ちをドストレートにぶつけてくれたのが純粋に嬉しかったので、彼との関係性を築き上げていきたいと思っていた矢先にフラれてしまいました。
この様な状況でも復縁できる可能性はありますか?

ご提案内容

Kさんからのお話しお聞きする限り彼には何かしらKさんに対して隠し事をしているように感じました。
・価値観の違いは分かっていた事
・交際期間が1日という事
・言っている内容に違和感を感じた事
など、Kさんも何かあるのではないか?と同意見だったので、一度彼の素行調査をしてみて判断する事が一番良い流れだと判断しました。
Kさんは自宅は知らなかったものの、職場は知っていたので職場から尾行を開始して自宅を判明させたました。
自宅には一人で住んでいるのかどうかは判明させなくてはいけないので、張り込み開始から1週間程度で彼女がいる事が判明しました。
Kさんに復縁する気があるのか?復縁するために彼女との別れさせ工作をするのか?を確認した所、悔しさがあるから別れさせたいという事でしたが、彼には彼の人生があり、騙され続けて付き合いをされるよりスッキリ終わる事ができた、と前向きに考えて先に進む事が出来ました。

ご契約内容:復縁調査
ご契約期間:1ヶ月
着手金と成功報酬:40万円

コメント

タイトルとURLをコピーしました