復縁工作は成功するも慢心により復縁に失敗したケース

復縁工作成功事例

依頼者:Eさん・男性・30代・神奈川

復縁工作を希望します。
今付き合っている彼女が浮気をしていて、以前に別れさせ屋に頼んで浮気相手と別れさせて貰いました。
別れさせる事が出来たのは良かったけど、彼女が浮気相手と別れてからしきりに僕とも別れようとしています。

男性不審というんでしょうか?
僕は彼女が浮気をしていた事も知らない事になっていますので、何でそういう風になったかを問い詰められずどうやって彼女を僕のところで安定させていいか分かりません。

復縁工作をすればこの状況って打破すること出来ますか?
出来る事なら彼女とずっと付き合って行きたいと思っているのですが・・・

Eさんのケースですと、復縁の望みを果たすためには彼女の本音や考えを知る必要があります。

出来る事なら過去の浮気を含めてEさんに告白し、それをEさんが受け止める事が出来れば二人の関係は深まるものと考えました。

リアルな接触だけが接触ではない

今回の対象者ですが、浮気相手と別れてからというもの引きこもりがちになり、Eさんともあまり会っていませんでした。

接触ポイントが探せない中SNS上で対象者を発見し、最近とあるゲームアプリに嵌っている事が分かり、そのゲームの中で接触する事にしました。

そちらのゲームアプリではチャット機能が付いており、4人前後でパーティを組み進行していくもので、このパーティに加わり関係性を作っていくという方針で復縁工作を進めて行きました。

復縁工作後は依頼者様の努力次第です

工作員がパーティに加わり対象者を誘導して行く為に、パーティ内を対象者のほかを工作員で固めて、チャットの際にはそれぞれが役目を果たし対象者からEさんの話を聞き出すことに成功しました。

浮気をしていた事、その浮気相手と不思議な別れ方をしたことなど様々な話を聞く事が出来ました。

この時点での復縁の可能性は思いのほか低く、Eさんと別れたいと考える原因や理由もちゃんとあり、それはEさんの性格に起因するものであることから表面上取り繕ったとしても関係性を継続していく中で必ずボロが出ます。

その点を危惧しEさんに改善を促していましたが大丈夫の一点張りでした。

復縁に向けて工作員たちによる心理誘導は続き、再出発という復縁を意識付けて行きました。

後日Eさんへ連絡をした対象者は、浮気の事やEさんの直して欲しい所などを伝え二人の今後について話がしたいという事でEさんと会うも、以前の嫌いな部分がより悪目立ちしていた様でやはり別れる事を決意しました。

復縁工作は成功したのに復縁出来なかったというまれなケースで、過信や慢心は取り除き真摯に自分と、そして相手と向き合わないと復縁というのは出来ないものです。

契約内容:復縁工作
契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:110万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました