復縁工作の成功事例~未読スルーの元恋人との復縁

復縁工作成功事例

依頼者:NA様・女性・20代・群馬県

4カ月前に彼氏に別れを告げられたのですが、何が悪かったのかを聞いても教えてくれず、ただ忙しくて構ってあげられないと言われ振られました。

確かに仕事で帰りが遅く、出張もある事から会える回数も月に2~3回くらいでいつも疲れた顔をしていて大変なんだなと心配はしていましたが、私と居ると癒されると言ってくれてましたし、私もなるべく彼を元気付けてあげられるよう精一杯尽くしていたつもりでした。

別れを告げられてからもLINEは続けていたのですが、ここ1週間既読すら付かずどうしたらいいか分かりません。

復縁したいと私から持ち掛けない様にはしていたのですが好きである事や待ってるという事は伝えていました。

私は復縁可能なのでしょうか

忙しい対象者との接触

NA様からのお問い合わせから相談を重ねる事1週間、面談時に契約書を交わして調査に入りました。

NA様から頂いていた情報通りにとても忙しい方で、殆ど職場と自宅の往復で休日は家に籠りきりで、友人も居らずどの様に接触するかが直ぐに見出す事が出来ませんでした。

ですので接触ポイントを作る為に、彼が唯一趣味でやっているカラオケアプリ内で接触をし、実際のカラオケ大会を開催し、そこに彼を招待し接触を図るように致しました。

工作員を複数名投入しそこで声を掛けこちらで作ったルームヘ招待し少しずつ距離を詰めていきオフ会と称してリアルの世界でカラオケ大会を開催しようと企画立案し、他の工作員が賛成票を投じ扇動する形で開催を決定し、サイト内で招待状を送付し参加を促し、対象者の参加が決定いたしました。

対象者から本音を聞き出して復縁を促す

カラオケ大会当日、それぞれのユーザーネームを確認し、対象者本人である事も確認取れました。

総員8名で開催したカラオケ大会には5名の工作員が潜入し、どの様な形になっても対象者と個人的に関係性が作れるように配置をし、進めて行きました。

一人の男性工作員が対象者と上手く意気投合し、連絡先を交換する事に成功し、復縁工作を進めて行きました。

カラオケ終了後もアプリ内外でコミュニケーションを取って行き愚痴をこぼし合える関係にまで信頼度を深め、関係性の構築を進めて行き、対象者に恋愛相談を持ち掛ける形で逆に対象者の恋愛話を引き出していきNA様の話を聞き出して行きました。

対象者は自身確かに忙しいという理由があり別れる事を選択しましたが、NA様との交際関係に疲れてしまったという事があったそうで、仕事を理由に会えない事を告げると明らかにムッとした態度が映り、嘘を吐いている訳ではないのになぜか罪悪感を覚え、会う事は勿論連絡を取り合っている事に義務感を感じ始め辛くなってしまったとの事。

それら対象者から得た情報を元にNA様には何がいけなかったのかを反省して頂き、今後関係性を再構築していく上での改善点にして頂きました。

工作員は対象者に対し復縁を意識付ける為に良かった事、楽しかった事等を積極的に思い出させ言葉に出すよう誘導していきNA様と連絡を取るようあくまでも自然に促して行きました。

後日NA様に対象者からメッセージが届き、そこから連絡の頻度が増し一度会おうという事になり対象者の方から復縁を申し入れる形で復縁し、復縁工作は無事成功致しました。

ご契約内容復縁工作復縁アドバイス・復縁サポート
ご契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:130万円+15%(税別)

コメント

タイトルとURLをコピーしました