復縁工作の成功事例~不倫がバレた夫が開き直って離婚したいと言い出したケース

復縁工作成功事例

依頼者:TR様・女性・40代・熊本県

旦那が不倫している事が分かったので止めさせるために話し合いをしていた所逆ギレされて「じゃあもういいや、離婚しよう」と言い出しました。

3歳になる子供もいるのに、父親を失わせたくないし私も今働いていないので先の事を考えると離婚を受け入れる事が出来ません。

ですが、それ以来話し合いに応じてくれず、私の両親は既に他界してるし旦那の方は義母さんしか居らず痴呆で施設に入っています。

友人には旦那の不倫の事を伝えづらいですしどうしていいか分かりません。
離婚せずに済む方法というのはありますか?
復縁工作を依頼するとしたら期間や費用はどれくらい掛かるのでしょうか?
また復縁工作の成功率というのはどれくらいになりますか?

不倫相手が見当たらない?

TR様からのご相談を頂き、2週間ほどLINEや電話などでやり取りを続け面談を行った際に契約書を交わしました。

先ず取り掛かったのは対象者の不倫相手の特定でしたが1カ月の調査を行っても特定出来ず、既に関係が切れているのではないかという事になりましたので対象者への接触に切り替えて行きました。

対象者は割と警戒心が強いという情報を頂いていたので少し気が緩むお酒の席で接触する事としました。

週末対象者が仕事仲間と飲みに出、二軒目にガールズバーに入ったのでそちらでお店の女の子を使って声を掛け接触に成功致しました。

対象者の仕事が建築関係だった事から工作員も同じ職種という設定で意気投合して連絡先を交換し来週また飲みましょうと約束を取り付ける事にも成功しました。

この日、お店を出た後の対象者の行動が気になりそのまま調査員を表に待機させ追跡をすると、同僚と別れた後一人ラブホテルへと入って行きました。

不倫相手を特定

ラブホテルに入る前酔っぱらって声が大きくなっていた対象者の電話を掛けていた声が聞こえており、女性と思われる人と部屋で待っている、部屋番分かったらまた連絡するという会話を抑える事が出来ました。

暫くすると女性が一人で同じホテルに入っていくのが確認出来ました。

二時間後二人で出てきたところをしっかり確認をする事が出来、今度はそのまま女性を追跡した所とあるマンションの一室へと入って行きました。

ところがこの部屋、風俗店の待機所として使われているもので、その女性もそこで働く方でした。

翌週居酒屋で対象者と合流した際少し風俗店の話に触れると嬉しそうに「××の○○ちゃんってかわいい子が居るんだよ~」と嬉しそうに話してくれ、弊社の方で確認が取れたその嬢に間違いが無い事が分かりTR様が仰っていた不倫相手というのは指名している風俗嬢という事が分かりました。

その風俗話から「奥さんは大丈夫なんですか?」と聞いていくと今はケンカ中で話すのがっていうか不倫を疑われてて、実はそれが風俗通いだっていうのがバレたら何となく恥ずかしいという理由から離婚というワードを出して論点をずらしているとの事でした。

要するに対象者には離婚の意志がなく、このまま時が過ぎればという様に考えているという事でしたので仲直りするように、きっと素人との不倫はきついかもしれないけど風俗通いはまだ救いようがあるんじゃないかという話で、茶化しながら奥さんに謝った方が良いよと促して行きました。

現在の関係、環境に気まずさを覚えていた事からじゃあそうしようかなと誘導する事に成功し、復縁工作は無事成功致しました。

調査結果を元に弊社の方ではこの結末になるよう事前にTR様とは打ち合わせをさせて頂いていましたので後日「旦那をお説教してやりました」とご報告を頂きました。

ご契約内容復縁工作
ご契約期間:2ヶ月
着手金と成功報酬:90万円+20%(税別)

コメント

タイトルとURLをコピーしました