復縁工作で誤解を解いて、復縁に繋げる心理誘導

復縁工作成功事例

依頼者 Yさん 大阪府 42歳 男性

不倫相手との復縁
最初は妻とオープンマリッジの合意書を作成し、彼女を守り、彼女と続けるつもりでいましたが、彼女のほうから少しの間そっとしておいてほしいといわれ、連絡が付かなくなり、感情的になってしまい、守る事を辞めるといってしまいました。
キャバクラ嬢と不倫している事が妻にバレ、不貞行為の証拠のLINEもあり、訴訟を起こすといわれました。
実際は守るつもりでいますし、訴訟も起こさせないつもりです。
その後、彼女の店の代表から関わらないでほしいと言われ、彼女も着信拒否、LINEもブロックされ、店も出禁で連絡する術もなくなりました。
僕としては、妻を説得出来る状態にあるので、後は彼女と一度話をして、もう一度寄りを戻したいです。

復縁方法の提案

キャバクラ嬢との縁が切れてしまい、お店の代表者から出禁の申し出までされてしまってはYさんが復縁の為に彼女に現状をご自身でお伝えするのは難しいと判断し、Yさんの状況を代理で伝える事や復縁の為に彼女に工作員を接触させて心理誘導を行う事が一番有効的な方法となり、ご契約となりました。
キャバクラでの接触の場合、以前にお付き合いしていた男性の話しの中からYさんの事を対象者が話し出したらYさんが特定出来ますし、Yさんの事が特定できた後はYさんとの交際についての話しの聞き出しをした後に彼女が不満に思っている事をひっくり返す心理誘導を行います。

人は見方を変える事によって悪い面が良い面だと考える節がありますので、そこを利用してYさんとの交際を取り戻す様に促す方法を取る形になり、今は誤解が解けて連絡が取れる仲に戻りました。

ご依頼内容:復縁
ご契約内容:復縁工作
ご契約期間;2ヶ月
ご契約料金:80万円+税(キャバクラ代は別途)
成功報酬:25%

コメント

タイトルとURLをコピーしました