復縁屋参考記事~マンネリ、倦怠期が原因で別れてしまったけど復縁したい~

復縁屋関連記事

恋人、夫婦間でよくありがちなマンネリ化、倦怠期とは?

マンネリとは、マンネリズムの略です。
これは【思考・行動・表現などが型にはまり、新鮮さや独創性がなくなること】で、元々は、芸術作品や文学作品の表現方法、内容について使われていた言葉です。
例えば、あるテレビプロデューサーがヒット作を連発、そのテレビ番組が終了した後、次回作を開始したけれけど、前作とほとんど一緒。
「ああ、このテレビプロデューサーはもうネタがないんだなぁ」と、視聴者はがっかりします。
誰もがこんな経験お持ちでしょう。
これがマンネリです。

では、パートナーとの関係でのマンネリとは一体何なのか?

デートで行く場所が固定化されてきてしまったり、日々の会話に新鮮味が薄れてきてしまった。
それが必ずしも「冷めてる」とは言い切れませんが「マンネリでも、お互いが楽しければそれで良い」と冷めている場合も多いです。
そうなると次は「倦怠期」です。
倦怠期とは【互いに飽きて嫌になる時期】という意味です。
パートナーに対しての「飽き・慣れ」から、嫌に感じてしまう状態の事で、夫婦間だけではなく、恋人同士にも同様に訪れます。
夫婦間というのは、恋人以上に一緒に過ごす時間が長いため新鮮味がなくなってしまい、相手の嫌な所が目につきやすいものです。
付き合い始めの頃は、毎日ドキドキして楽しかったのに・・・いつの間にか倦怠期・・・。
ドキドキ感がなくなり、一緒にいる事が当たり前になるため「刺激がないと感じたり」「気持ちが冷める」といった状況に陥ってしまったという恋愛話し聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?
倦怠期ってどういうこと?
いつ頃なるの?
必ずやって来るの?
など、不安になっている方のために、知っておきたい倦怠期について、説明したいと思います。

倦怠期に陥ってしまうと

・相手のする事がいちいち癇に障る
・一緒にいても楽しさを感じない
・相手の癖が気に入らない
・話す内容がない
・ときめきを感じなくなって、触れられる事に嫌悪感を感じる
・一緒にいることが、義務ではないかと思うようなってきた
・彼とキスがしたいと思わない
・ファッションも適当になってしまう
・彼の些細なことが気になるようになってくる
・一緒にいても前のように楽しさを感じない
・相手の癖などが目についてイライラする
・話す内容がいつも同じになってきて飽きてきた
・トキメキを感じなくなってスキンシップがない
・いちいち報告をするのが面倒になってきた

初めは好き同士で付き合ったけれど、時間が経つにつれ、慣れて怠けてしまう。
そんな事は、当たり前に訪れます。
しかし、その倦怠期をいかに乗り越えるかが重要なのです。
変に倦怠期を意識しすぎずに、初心に戻ってみるのもいいでしょう。
「こんな所が好きだったな」「あんな時も、こんな時も一緒にいたな」など、付き合った期間が長ければ長いほど、沢山の気持ちが溢れてくるはずです。
その気持ちを大切に、倦怠期は二人の通過点だという事を忘れないでください。

倦怠期が原因で別れてしまったけど、復縁したい

倦怠期が原因で別れたカップルが復縁した場合、以前付き合っていた時よりも幸福度が何倍も高くなります。
つまり倦怠期とは、お互いに相手の事を見直せるキッカケをくれる貴重な機会でもあると捉えていたあ方が良いです。
倦怠期を乗り越えられるカップルがいるように、倦怠期の時期が一生続く事はなく、うまくいけば同じ相手とも、再び恋愛を盛り上げる事もできるのです。
・できるだけ時間をかけず直ぐに復縁したい
・相手に新しい人が出来てしまう前に、絶対に復縁したい
と、思っているなら、一人で悩まないで下さい。

1日でも早く復縁したいなら、どんな状況でも復縁させてしまう、復縁セラピストが適切な復縁アドバイスを行います。
復縁屋ファストリサーチが全力でサポート致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました