復縁屋ファストリサーチの復縁工作成功事例~浮気をされて婚約破棄になったがどうしても彼と結婚したい

復縁工作成功事例

依頼者:HH様・女性・30代・神奈川県

昔のバイト先で知り合った男性と再会し、2年ほどの交際期間を経て婚約をしましたが、式の日取りや会場(この時期なので披露宴はしません)を二人で話し合い、彼のスマホで色々検索をして二人で見ていた時に見知らぬ女性からのLINEがポップアップ表示されてメッセージが『今日来れる?』というものでした。

私は浮気だと確信して彼を問い詰め白状させたのですが、その時別れを告げられました。

『そういう所が嫌なんだよ』と詰問したことを責められ、まさか別れを切り出されると思っていなかった事から驚きのあまり何も言い返せず、なし崩し的に別れを承諾した形になってしまいました。

私もこのまま忘れたいと思いましたがそう思えば思う程に気になってしまい忘れられません。
正直言えば今の彼はバイト学生だった頃とは違い、自分で飲食店を複数経営する社長になっており金銭的にも彼ありきで将来の事を考えていた事もあり手放したくありません。

電話やLINEは2・3日に1回くらいの割合ですがやっています。
復縁に関しても申し訳ないけど将来が怖くてというかめんどくさそうな気がして考えられないよ言われています。

復縁したいのですがこの様な状況でも復縁は出来るのでしょうか?
また、復縁工作はどの様に行うのですか?彼に私が依頼したとバレないのでしょうか?

忙しい対象者との接触ポイント

上記相談を受け、復縁屋についてや復縁工作についての懸念、不安な点に一つ一つ回答させて頂きご依頼を頂きました。

調査を開始してやりづらさを感じたのは、対象者の多忙なスケジュールにより接触が出来てもコミュニケーションが取り辛いという事でした。

ですが緊急事態宣言により飲食店を閉めた事から対象者に時間が出来、ゴルフの打ちっ放しに行く余裕が生まれた事から接触ポイントをゴルフの練習場に設定し工作員を投入して声を掛けさせ関係性の構築をしていきました。

相手の性格を逆手に取る誘導

関係性を深めて行く事に成功した工作員は仕事の話や友人、恋人関係についても聞き出していき、HH様の話を引き出すことに成功しました。

仕事の話をしている時にもよく出てくる有言実行という言葉を使い婚約について、結婚について、HH様を幸せにするという言葉について触れていき、有言実行しているのかな?などと冗談を交えながら復縁を意識付けていき先ずはHH様と話の場を設けるよう誘導していきました。

数日後、HH様と会って食事をする事になったという報告を対象者から受け、HH様に対象者の求めているもの、言葉、誘導して行きたい方向性などを伝えその通りに対応して頂きました。

会食は上手く行き、対象者の復縁がしっかりと意識付けられた事が工作員とのやり取りから明確になったので少しだけ背中を押す様な言葉を掛けて行きました。

それにより、後日二人交際関係に戻り復縁工作は無事成功致しました

ご契約内容復縁工作復縁アドバイス・復縁サポート
ご契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:110万円+20%(税別)

コメント

タイトルとURLをコピーしました