復縁は自分を変える事から始まる

復縁アドバイス

別れの原因

復縁をする為にはまず別れに至った原因がどこにあるのかを考える事から始まります。
別れた後復縁を望まれる方の多くの場合が

・相手に他に好きな人が出来た
・マンネリ化してきて好きなのか分からなくなった
・相手から『重い』と言われ別れた
・『距離を置こう』からの自然消滅
・『嫌いじゃないんだけど・・・』という言葉で別れを告げられた

などという形で交際関係を終えています。
それではなぜ上記の様な別れ方になってしまうのかを考えてみましょう。

相手に他に好きな人が出来た
恋人に他に好きな人が出来てしまう状況というのは、あなたの事を異性として見れなくなって来た時に起こりがちです。
例えば、体の関係が無くなったり恋人の前で平気でオナラやゲップをしたり目の前を全裸で歩く事が普通になってたりと性を意識させるべき瞬間が無くなってしまっている為に起こります。

マンネリ化してきて好きなのか分からなくなった
二人の関係がなれ合いになり、居ても居なくても同じ存在になるときは、二人の関係が安定した時に何の刺激も無くなった、いわば「凪」の状態に当てはまります。
名前を呼び合わなくなったり体の関係も惰性で義務のように捉えている可能性があります。

相手から『重い』と言われ別れた
交際関係というのは互いに想い合うからこそ成立している関係で、その感情が一方的になってしまった時に重いと感じます。
相手を想う気持ちは理解できますが、相手の気持ちのレスポンスを待たずに追撃してしまうとそのバランスが崩れて相手が重いと感じてしまいます。

『距離を置こう』からの自然消滅
マンネリ化してきた恋人間でよくある事で、お互いの存在を確かめ合う意味でよく使われるこの言葉は、はっきりと別れようと告げられない人がよく口にします。
これは単刀直入に言えば飽きてきたという事と同じ表現だと言えるでしょう。

『嫌いじゃないんだけど・・・』という言葉で別れを告げられた
相手とは別れたいが嫌われたくないという人が使いがちな言葉で、その原因に関しては、浮気やケンカなどの確かなきっかけではなく性格の不一致や価値観の違いなど抽象的な理由で別れる際に使われることの多いフレーズです。


自分を見つめる

もしも自分に原因があったのにそれに気付かず相手に復縁を迫る、これではいつまでも相手を振り向かせることは出来ません。

元恋人とよりを戻すための第一歩目は自分を見つめ返し反省点を確認する事です。
わがままばかりになっていなかったか、相手の気持ちをちゃんと考えていたか、相手だけではなく相手の近しい人たちにきちんと接していたかなど、反省点、反省材料は必ずあります。

それをしっかりと受け止め、改善する事で今までの自分とは違うという事を相手にアピールする事が出来ます。

基本的には長期戦
復縁する為には基本的には長期戦になる事を理解しなければなりません。

例えば一週間毎日3食リンゴを食べるとします。
一週間後それから解放されたとき、もう暫くリンゴは食べたくないですよね?
場合によっては見るのも嫌なんていう事もあります。
次にまたリンゴを食べる為には暫く時間を空ける必要があるのです。

この様に適切なタイミングと距離というものが必要になります。
この距離とタイミングを間違えると、復縁できる可能性があった関係が崩れ、もうダメになってしまう事もありますのでこの冷却期間が大切になります。

あまり思いつめない
復縁したい相手に対して好きという感情を持つのは当然ですが、その気持ちが強くなりすぎてしまうとよりを戻す前から『重い』と思われてしまいます。

また、考え方が極端になりしつこくメールやライン、電話などをしてしまい相手からストーカーみたいだと、逆に嫌われてしまう事になってしまう可能性があります。
自身にその自覚が無くても、相手あっての復縁ですから相手にそう思われてしまったらその時はもう叶いません。

相手を想う気持ちを糧に仕事や勉強、スポーツジムなどで今の自分を変える為に有効に時間を使う事をおススメします。
自分を磨くための時間は相手の為でもありますので、きっと集中できるかと思います。
以前よりも素敵になった自分で元恋人との再会を目指しましょう。

まとめ

別れ方がカップル毎に違う様に、復縁の仕方もそれぞれで違います。
・自分で出来る人
・共通の友人を介す人
復縁工作を依頼する人
など、どのケースにしろ絶対的に必要なのは自己改善になります。
自分を変えて自信が付き、適度な距離とタイミングを図り気持ちを伝えるという事が正しい復縁の仕方です。
決して諦めず、自分磨きに恋愛に、楽しんでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました