復縁できたパートナーの結婚が多い訳

復縁アドバイス

復縁したパートナー同士の結婚が多いって本当?

 

復縁したパートナーが結婚する事が多いというのは事実です。
何故復縁したパートナーが結婚にというケースが多いのでしょうか?
その理由について詳しく調べましたので是非ご覧ください。

 

復縁したパートナーの結婚が多いわけ1

 

復縁したパートナーの結婚が多い事には訳があります。
復縁したパートナーは過去に破局を経験していますよね?
破局の原因=お互いの問題になっている訳なのですが、復縁するという事はお互いの問題に気が付き直した、又は直している事が見て取れるという事です。
自分自身の問題に気が付いているので、こういう事をされるのがパートナーは嫌なんだなと意識できるのです。
またその問題に対しても改善していこうと意識が持てているので関係が上手くいきやすくなります。

 

復縁したパートナーの結婚が多いわけ2

 

また一度破局したパートナーは冷却期間中に自分達の問題の改善は勿論、自分磨きや冷静に考える時間が持てる事によって人間的な成長をしている場合が多いです。
お互い付き合っている頃はくだらない理由で行っていたケンカも、一旦関係がリセットしている事やパートナー同士の問題の改善も済んでいるので深刻な物に発展せずに済むようになります。
なのでパートナー同士の生活が上手くいくようになるケースが多いです。

 

復縁したパートナーの結婚が多いわけ3

 

破局したパートナーの大半が別れたパートナーのSNS等をマメにチェックしています。
パートナーのSNSが見れるので別れた後もパートナーの近況を知ることができパートナーの周辺事情が分かります。
特に破局した直後のSNS等はチェックしている様で、元パートナーが自分が居なくて辛いと言った情報を発信したとき等にパートナーに取っての自分の存在を再確認ができ、より強い関係となって結婚に至るケースも多いようです。
情報化社会に向かっている現在、自分の情報を他者が簡単に見れるようになり極端な話Twitterで呟いているだけで復縁できた例もあるそうです。
ですがこれは極端な例ですので、この記事を見ている皆様方はしっかりと復縁の為の自己改善をなさる事をお勧めします。

 

復縁したパートナーの結婚が多いわけ4

 

破局してしまったパートナー同士は時間を置いた後にまた出会いを求める訳ですが、別れを直近で経験している元パートナーがここで出会った人達に求めるのは前に付き合っていたパートナーとどう違うのか、つまり元パートナーが基準になっている事が多いのです。
出会った人達を自分の元パートナーより良いか悪いかで判断している訳ですから、比較したときに元パートナーの方が自分にとって相性が良い場合は復縁を考えてしまうんですね。
復縁できたカップルは外の世界を見てきているのでしっかりと現実を見据える事ができるという訳です。

 

復縁したパートナーの結婚が多いわけ5

 

復縁したパートナー同士はリセットしたとはいえ既にある程度の関係性が構築できている事。
相手に過度な期待をしない事を弁えているので無理をしない共同生活ができます。
妥協と言ってしまうと少しイメージが悪いですが、パートナーの自分にとって嫌な部分が見えたときに知らなかった状態からその嫌な部分を見るショックではなく、知っている状態から見ている訳ですから容認する事ができる場合が多いのです。
容認できなかった場合も復縁できたパートナーと言うのはお互いの問題点について改善する意欲を持っているので話し合えば素直に反省や改善できるケースが多いようです。

 

まとめ

 

総合して話を纏めるとすれば

  1. パートナー間の破局を経験している。
  2. 問題の改善ができている。
  3. 周りを見てパートナーの良さを再確認できた事。

等がやはり復縁後に結婚に行き着く理由としては強いです。
但し、やはり別れた理由が不倫や浮気だと復縁後結婚というよりは復縁するのに難しいケースの方が多いようです。
不倫や浮気をした後に問題の改善ってそもそも出来ませんしね。
別れたパートナーと復縁後に結婚したいと思っている方は上に挙げた項目を意識して行動してみて下さい。
あなたの復縁が上手く行きますように私達ファストリサーチ一同は応援しております。

よろしければこちらの記事もご参考ください。

[kanren postid=”1988″]
[kanren postid=”1907″]
[kanren postid=”1747″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました