居場所の分からない恋人と復縁させた復縁工作の成功事例

復縁工作成功事例

復縁相談

依頼者:Aさん・40代・男性・東京都

半年前に別れた元カノと復縁したい
1年ほど前にマッチングアプリで知り合って、初日の時点で付き合う事になりました。
元カノは静岡に住んでいたので遠距離になってしまいましたが、毎週末東京なら自分の家、静岡に行くときは近くのホテルに泊まるという様な感じで定期的に会ってはいたのですが、ある時急に今週会えなくなったと言われ、残念ですが受けいれざるを得ないのでまた普段通りにLINEのやり取りを続けていたのですが、また次の週末、直前で敢え無くなったと言われ、自分は何で会えなくなったのかちゃんと教えてほしくて少し口調がきつくなったかもしれませんが問いただしたら、「やっぱり遠距離はきつい、別れよう」と言われてしまい、自分は嫌だと言ったのですが「もう本当に無理だから」と電話を切られ、その後着拒、ブロックされ今に至ります。

コチラに相談する前に別の復縁屋に依頼をしたのですが3か月も経ったのに何も進展していません。
一応元カノの住所は判明したそうですがそれだけなので、何とかしたいなと考え相談しました。

別れの原因や切っ掛けを振り返らないで復縁は有りえません

まず他社での依頼に関してですが、現状・状況報告というのは当然であると弊社では考えております。

当然そうではないという業者もいらっしゃるとは思いますが、3か月の稼働の中で報告がたった1度というのは少々解せないものが有ります。

ですので弊社がAさんの依頼を受けた際に、他社で得られたとする情報は一切当てにしていない旨お伝えしてイチから調査を行いました。

そちらと並行してAさんには復縁する為に足りていないものが多くそれらをクリアしていく必要があると考え、弊社が提供しています復縁アドバイス・サポートとして自己改善プログラムに取り組んで頂きました。

関係を繋ぎ直すにあたり、過去の悪い所を改善して行かなくては復縁というのは出来ません。

仮に出来たとしても長続きはせず、より溝が深まり修復不可能な状態になってしまう事も有ります。

Aさんには改善点を提起し、自己改善に努めて頂きました。

一方調査では対象者が某クラウドソーシングのサイトに登録している事からそちらを経由して仕事を依頼し、先に接触する事にして工作を進めて行きました。

何度か依頼をしているうちに今度は直接会って話をしたいという事で実際に会う事になり、女性工作員をと直で接触させました。

仕事の話を中心としたものから同世代だった事も有り複数回会う事で友人関係を作っていく事が出来、Aさんの話を引き出す事が出来ました。

弊社が睨んだ通り遠距離だけが原因ではなく、Aさんの自己中心的な性格にも原因がありました。

心理誘導により連絡は取れるように出来ていたので後はAさんからのアプローチと並行して復縁を意識付ける心理誘導を行い復縁にたどり着きました。

弊社の復縁工作が切っ掛けでは有るものの、Aさん自身が努力した結果復縁工作が成功した物ですので復縁工作の成功は依頼者様と作り上げていくものだと言える成功事例でした。

契約内容:復縁工作復縁アドバイス・サポート
契約期間:5ヶ月
着手金と成功報酬:160万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました