奥さんを間男に取られかけてた所を復縁工作により取り戻し復縁した成功事例

復縁工作成功事例

復縁相談

依頼者:Oさん・40代・男性・東京都

妻と復縁したい。

結婚5年目で3人の子供が居るのですが、先日僕が出張で1か月ほど自宅を離れていた隙に、子供たちを学校へと送り出したのち男を連れ込んでいたそうで、その男と付き合う事になったから別れてほしいと言われました。

その男というのは妻の友人だった男で、僕も面識が有ります。

なぜ今なのか、元々そういう間柄だったのではないのか等の疑問をぶつけてもいいから別れてというばかりで会話になりません。

僕としては子供の事も有りますし、何よりも妻の事が気になり別れたくありません。

慰謝料の請求をしようかとも考えましたがそれでは妻との間に取り返しのつかないほどの溝が生まれてしまうと思いそれは今は考えていません。

今はとりあえず家庭内別居の状態なので会話も無く、もしコミュニケーションを取る必要性がある場合にはLINEでやり取りをするといった状態です。

このような状況で復縁ってできるのでしょうか?

不倫相手を別れさせての復縁

復縁したい相手に既に新しいパートナーが居る場合、復縁の成功率を上げる為にその相手と先に別れさせてから復縁を促して行くという形になります。

Oさんの場合も同様で、方法は割愛させて頂きますがまずは別れさせることに成功致しました。

頼るところのなくなった対象者に、別れさせ工作の時に顔を覚えさせた工作員を使いそのまま関係性を深めて行き、復縁を意識づける心理誘導を掛けて行きましたが、その間にOさんと対象者が些細な事から家庭内で喧嘩となり、再び微妙な距離感に。

Oさんにも打ち合わせの際に何事も無いよう気を付けて欲しいとお伝えしましたが、やはり離婚を切り出されたという不安からストレスが掛かっていて、普段なら何とも思わない事でも気になってしまったという事でした。

その為工作員による心理誘導を継続し、喧嘩後も複数回接触をして再度復縁を促して行きました。

その喧嘩の事が有ったので、確実に復縁という目的を達成するならばOさんからの歩み寄りが必要と判断したためタイミングを計りOさんの方から「やり直そう」と復縁を申し出る事で復縁に成功致しました。

このように、復縁工作というのは万能ではなくとてもデリケートなものです。

依頼者様はただ待っていれば良いという訳ではなく、復縁に向けての努力や我慢が必要になりますのでどのようにすればいいのかわからない時には弊社スタッフまでお尋ねください。

契約内容:別れさせ工作復縁工作
契約期間:4ヶ月
着手金と成功報酬:120万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました