夫婦喧嘩から家出した旦那を連れ戻す復縁工作の成功事例

復縁工作成功事例

復縁相談

依頼者:Hさん・30代・女性

旦那と別れたくない。
他愛のない喧嘩の末、口論がヒートアップして旦那が家を出て行ってしまいました。

原因は私が旦那の浮気を疑ってGPSを付けさせろと迫った事で、身に覚えのない事で何でこんなに言われなきゃならないんだと旦那が怒ったので私がかなり強い言葉で旦那をなじってしまいました。

旦那は出て行ったとしても行く所が無く、今は私の実家でお世話になっていて離婚も考えていると私の両親と相談中。

私の両親は旦那の味方になっていて、私が直接連絡を取れない状態です。

私が悪かったというのは分かっているんですけど、旦那の浮気の疑惑は晴れていません。

この状況は私だけが悪いのでしょうか?

出来る事なら旦那には戻ってきて欲しいと思っていますが、復縁工作ってこんな状態でも出来るんですか?

復縁屋ファストリサーチが行った復縁工作

まず第一にHさんが変わらなければ婚姻関係の継続は難しく、そもそも戻って来ることが無いという事をご理解いただき、本当に復縁をするつもりがあるなら自分の言動を改める必要があるという事を説明させて頂きました。

Hさんには復縁アドバイスの自己改善プログラムに取り組んで頂きつつ、ご両親との関係改善に努めて貰いました。

対象者である旦那さんに接触するポイントとして対象者の職場である料理教室、オンラインゲーム、サバゲ―の3点を提案して、Hさんとの協議の結果職場の料理教室に入会し潜入工作を行う事に致しました。

派遣した工作員は50代の主婦で、まずは教室の生徒さんたちと交流を深め対象者に近付いていきました。

生徒さんの年齢層が比較的高く、人数の少ない日を狙い生徒同士のおしゃべりの中に対象者を自然に引き込む事が出来、料理の事を話しながら少しずつプライベートの話を織り交ぜ、それぞれの家庭事情へと話を誘導しHさんの話を引き出しました。

後は人海戦術の様なもので、工作員の意見に生徒さんが乗り、みんなで復縁をした方がいいという流れを作り出す事が出来ました。

Hさんの努力が間接的に伝わるようにHさんとHさんの両親とを仲直りさせていたので、これにより対象者がHさんの実家に帰ってもHさんのいい話が吹き込まれるので効果的な工作が出来たと思います。

後日Hさんが待つ自宅に戻り、復縁工作は無事に成功を修めました。

ご契約内容:復縁工作+復縁アドバイス(自己改善プログラム)
ご契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:110万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました