執着心を捨てて復縁を成功させるために必要な事

復縁屋関連記事

元恋人と復縁したいのに、自分の力ではどうすればいいのかわからず執着しすぎてしまい、本末転倒な行動をしてしまっている方からのご相談を良く受けます。
いつまでも執着心を手放せないから大切な恋人は遠ざかるばかり…
逃がした魚は大きいようで実はそんなに大きくはなく、執着心が強すぎて大きかったと感じて勘違いしてしまっているのではないでしょうか?
元恋人への「執着・欲求」を手放した時、元恋人との復縁に繋がっていく可能性が非常に高くなります。
元恋人に対して執着をしているというのはご相談内容をお聞きしてて良く感じます。
ご自身では認識できていない元恋人に対する並々ならぬこだわりが生まれているのです。
このこだわりは相手の事を思って行動している訳ではありません。
元恋人との関係性の中で「こうしてほしい・こうなってほしい」という元恋人との関係に対しての「期待・希望・欲望」が生まれています。
つまり、元恋人に対する”欲求”こそが”執着”なのです。
執着がある状態というのは、ご自身の中で「元恋人とこうなりたい、再び付き合いたい、望むように進まなければ苦しい」という「自分が望む状態」と「それが叶っていない現状」との間で葛藤と苦しみが起きている状態になります。
元恋人と復縁したいなら執着心は手放さなくてはダメです。
誰しも別れた後は心残りがあり中々簡単に割り切る事できませんよね。
復縁をしたいと思っていても執着してしまっていては中々復縁ができないので自分自身を今一度見つめ直してみてください。
・自分に自信がないから執着しすぎて干渉してしまう
・執着心が不安を引き寄せてしまう
・対等な関係性でいられなくなる
など執着してしまうのには沢山の理由があります。
元恋人を上に見るのではなくて、お互い対等な関係性でいれるようにまずは執着を手放す事が大切です。

復縁するためには自分の心次第で元恋人を引き寄せられる

執着すればするほど元恋人は遠のきますし、元恋人を想えば想う程その想いの強さが鬱陶しさに変わっていきます。
執着心を手放す事ができれば、元恋人とLINE(メール)したり話せたり、そのうちお会いする事もできるようになってくるのです。
元恋人も面倒な話しをされない自然な関係性に戻れた事でお会いして話す事にも抵抗がなくなるでしょう。
要するに、一度関係性をリセットしゼロベースからのやり直し、付き合っていた過去を引きずるのではなく普通に話せる関係性を築く事から始めるのです。
それができれば中途半端な期待もしないし、執着もしてないので自然に接する事ができるようになります。
元恋人のご機嫌を取るような卑屈な感情も抱かないで済みます。
あくまでも対等で自然でいられるその余裕が結果的にお互いの関係性を深める事に繋がるのです。

執着すればするほど元恋人は警戒心を抱きます

執着すればするほど貴方は卑屈になり自分で自分の首を絞める事になります。
そんな心の状態であれば、反発はあっても再び引き寄せ合う事はありません。
それに周囲の人から見たら痛々しいです。
過去を引きずり過ぎて未来を見ようとしない人に対して周囲の人は近づきたいと思いません。
執着していると、結果的に遠ざける必要のない人まで遠ざけてしまい、気付いた時は誰もいなくなってしまった・・・
なんて事にもなり得るのです。

執着している時は視界が狭まくなり冷静な判断が出来ません

元恋人との過去ばかりをひきずってしまい、復縁こそが絶対正義と思ってしまう。
その事により、復縁以外の大事な事を蔑ろにしてしまって、気付かぬ内に失ってしまっていたという事になります。
「自分で自分を振り回し、自分で自分を傷つける」という完全なる一人相撲状態。
執着心など手放してしまえば楽になります。
心に余裕が生まれますし、その余裕が離れた元恋人をまた引き寄せる可能性を高めるのです。
余裕が生まれれば、万が一復縁できなかったとしても別の大切なパートナーになる素敵な人を引き寄せるでしょう。
過去は過去の思い出として、生きてるのは今です。
そして見るべきは未来。
過去と同じような生き方を今しない事です。
今自分が大切にしなければならない人は誰ですか?
元恋人だとしたら、これからの未来を共に生きる人が元恋人でしょう。

どのようにして執着を手放すのか?

元恋人を思い出すキッカケとなる物を処分してみましょう。
見てしまうから思い出してしまって執着してしまうのではないでしょうか?
「あの時はこうだったな、あの時幸せだったな」と思い出してしまうのは良い事です。
ですが、それは執着を手放せるようになってからにしてください。

元恋人の事を無理に嫌いになろうとしない

執着を手放そうとして、無理矢理元恋人の事を嫌いになるのはやめてください。
「嫌いだから、もう好きじゃないから」などと自分自身に暗示を掛けるようにしてしまうと、さらに執着を拗らせてしまって余計に手放せなくなってしまいますので危険です。
嫌いになる事は執着を手放す事の最も近道ですが、嫌いと思っていないのであれば無理矢理嫌いになる必要はないのです。

執着心を自磨きの原動力にシフトチェンジする

執着を自分磨きの原動力に使ってみれば復縁の可能性は高くなります。
そうする事で元恋人以外にも沢山”楽しい”と思える事が増えてくるのです。
そして、気付いた時に執着心が少しずつなくなり元恋人中心だった生活が変わってきます。
人のために時間を使うのではなくて自分のために使いましょう。

執着を手放すと同時に復縁が成功する可能性が高くなります

執着心を持っていると周りが見えなくなり正しい判断ができなくなります。
自分では「しっかりできている」と思っていても、周囲から見ればできてない事が多いです。
執着している時はその事に対して一直線でしょう。
自分では大丈夫と思っていても、執着しているため周囲との関係がしっかりとできてない事があります。
ですので、周囲をしっかり見るためにも、正しい判断をするためにも執着を手放す事が大切です。
今まで色んな事を頑張っていて、それが叶わない事に対して「なんで?」と思った事もあるでしょう。
近すぎて見えない事があるので、そのため執着を手放すと視野が広がり復縁の可能性が高くなるのです。

最後に

復縁したいと望む裏には沢山のマイナスの気持ちや事情、欲求が複雑にからみあっています。
ですが、ひとつひとつ紐を解いてあげると、非常にシンプルにその愛について考える事ができるのです。
そして、自分自身も長年持っていたこだわりから抜ける事ができます。
悩まれている方は、どうかいつもシンプルなところに戻ってみてください。
ご自身が抱いている”愛情”に戻るのです。
・純粋に元恋人の事を想っていていいと自分を許す事
・元恋人をありのままでいいと認めてあげる事
この2点が自分の現実を変える鍵となります。
自分の中の複雑な絡み合いや葛藤がなくなっ時「復縁若しくは新しい恋人」のいずれかの方向に人生は動いていきます。
執着心は必ず相手に伝わります。
なので、貴方が追えば追うほど遠ざかっていくのです。
是非これを機会に執着心を手放して復縁を成功させましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました