別れさせ工作で不倫をやめない旦那に制裁を!

別れさせ屋

不倫の事実が判明しているのに別れてくれない旦那

”旦那が不倫をしている”という事実が判明していて何度も話し合っているのに別れてくれない・・・
別れたと言っているけど嘘をついている・・・
そうなると自分の力では別れさせる事ができなく、でも別れて家族の元へ帰ってきてほしいと思いますよね。
普通に考えたら不倫している事実証拠があれば離婚を選択するのが一般的ですが、なぜ離婚する事を選ばずに不倫相手と別れさせる事を選ぶのか?
不倫の事実が判明していなければ平凡な生活を送れていたのに、発覚してからは疑心暗鬼になる一方で何を言われても信用できなくなってしまうのは仕方のない事です。
家族の元へ戻ってきてもらいたいけど何かしらの制裁は与えたいと”復讐心”を抱く方もいらっしゃいますし”不倫相手なんかに負けない”という女性としてのプライドがある方もいらっしゃります。
不倫相手への復讐心を抱いた時に一体何をすれば一番不倫相手にダメージを与える事ができるのか?
一般的に考えるのが”裁判を起こし慰謝料請求”です。
裁判を起こさないとしても示談金として請求される方もいらっしゃいます。
ですが、いざ裁判での慰謝料請求や示談金の請求をしても事実に基ずく証拠を抑えない限り訴訟をおこしても勝訴する事は現実難しいです。
旦那様と不倫相手が全面的に認めていたとしても、裁判になった時に手のひらを返されたら証拠がないため慰謝料請求は難しいでしょう。
別れさせ工作で不倫相手と別れさせる事は可能ですが、果たして別れさせる事だけで満足できますか?
別れさせ屋ファストリサーチ別れさせ工作では「不倫相手の素行調査(異性との関係・自宅・職場の判明等)・不倫相手と不貞関係を持っている状況証拠集め・裁判で勝訴するための報告書の作成」等、必要に応じてお客様が有利に進むよう全面的にサポートしていきます。
別れさせ工作では旦那様や周囲の人(身内の方や職場の方など)直接接触する事もありますし、旦那様の不倫相手の方やその周囲の人と接触する事もあります。
お客様のニーズに合わせて方向性を見出して工作していくのですが、殆どのお客様が懸念されるのが「旦那様や不倫相手と接触をして、依頼したしたのがバレてしまうのではないか?」という点です。
探偵を雇って別れさせ工作をしているとは間違ってもバレたくない部分ですよね。
尾行や状況証拠を掴むための行動(写真撮影)については素人ではない限りバレてしまう事は少ないと思いますが、工作となると接触が必要になりますので知識が豊富で臨機応変に対応できる工作員が必要になります。
状況証拠(写真・動画・ボイスレコーダー)を抑えて裁判で勝訴するための報告書の作成を行い全面的にサポートできますのでご安心ください。


問い詰められない

携帯電話を盗み見して不倫が発覚しているのに、盗み見した事の罪悪感や逆ギレされる可能性があるから言い出せなくストレスを感じて生活している方もいるでしょう。
知らぬ存ぜぬを通されてしまいズルズル生活をしていてはお互いのためになりませんし、お子様がいらっしゃるご家庭でしたらお子様の影響に悪いです。
別れさせ屋ファストリサーチ別れさせ工作の中では、不倫の事実確認を行うため工作をする前に素行調査を行い、不倫している証拠集めをします。
状況証拠が揃えば決意も固まります。


我慢

不倫されている事に気付いていながら我慢している奥様がいらっしゃいますが、家族で明るい未来を描いているのに”我慢”は必要ですか?
勿論、育った環境が違うので「価値観・性格・考え方」はお互い我慢が必要ですが、不倫となると話は別です。
不倫(不貞行為)について我慢しながら生活する事が家族にとっての幸せという家族はいません。
問い詰めて話し合いをしても状況が悪化するから問い詰める事は我慢するのはわかりますが、子供にも影響が出でてしまうから何もしないで我慢すればいいという考えは無用です。
別れさせ屋ファストリサーチ別れさせ工作で、家庭に影響が及ばないように別れさせ工作を遂行できます。
我慢しながら生活をしていても苦しいだけですし、子供の事を考えるのであれば止めるべき事です。
”旦那はお金を運んできてくれる人”と割り切ると決めていても実際は簡単なものではありません。
子供のためを思うのであれば別れさせる事が必要になりますので、家族にとってに”幸せ”を履き違えないようにして下さい。


最後に

別れさせ屋ファストリサーチは多種多様な案件に対し臨機応変に対応して別れさせ工作を行う事ができますし、アフターフォローにも対応しております。
ストレスを抱えながら生活をしていても息詰まりますし、楽しく家族との生活を送る事は出来ません。
何よりお子様の事を考えるなら直ぐにでも円満に解決できるよう行動に移すべきです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました