再会工作の成功例・失敗例

復縁工作成功事例

こちらでは、弊社の方で承りました再会工作の成功例と失敗例を掲載させて頂きます。
再会工作をご検討中の方や弊社の成功率や工作内容にご興味のある方は是非ご一読下さい。


再会工作の成功例

CASE1・千葉県・小西様(仮名)・50代・女性
相談内容
▶25年前に施設に預けたままの娘(M)に会いたい。
7年前に施設を出た後消息が分からないから探してほしい。
本人に会うつもりがあれば会って謝りたい。
契約内容▶特定調査・再会工作 費用▶ 70万円
調査・工作内容
特定調査により現在の居場所が判明。
また、現在は結婚しており二人お子様もいらっしゃいました。
小西様と調整を重ねまして先に弊社の方で接触し事情を説明させて頂く事になり、Mさんに弊社工作員を接触させて頂きました。
Mさんに事情を説明させて頂いたところ、実はMさんの方でも結婚を機にお母さんを探したいと考えていたそうで、もう少し下の子が大きくなって手が空いたら本格的に調べてみるつもりで準備していたそうです。
演出の必要が無くなりましたので、小西様がMさんの家を尋ね、更にご家族に紹介する形になりましたので、弊社はそこまでで工作終了となりました。


CASE2・東京都・小田様(仮名)・50代・男性
相談内容
▶9年前友人(N)から経営の傾いた自分のお店の資金として600万円を借り、店を潰して夜逃げしてしまった。
今は生活も立て直す事が出来、借りたお金を返済できる準備も出来たのですが、肝心のその友人と連絡を取る術がない。
契約内容▶特定調査・再会工作 費用▶80万円
調査・工作内容
まずはNさんの特定調査をする為旧住所から現在の住所を調べましたが不明だった為、小田様にバレずに調査するのはこれ以上は難しい事を伝え、許可を得て聞き込みを含めた調査に切り替え継続しました。
Nさんの以前勤めていた会社の同僚から更に3人ほど介してようやくNさんの今を知る人にたどり着き、繋いで頂きました。
Nさんに小田様の状況をお伝えし、会って謝罪を受け入れてもらえるかを確認したところ、考えさせて欲しいとの事でしたので一旦保留となりました。
後日Nさんから連絡があり再びお会いし、弊社立会いの下であれば会ってもいいと一応受け入れて頂けました。
というのも、小田様が夜逃げした後、そのお金を貸した事から当時いらっしゃった奥様と衝突し離婚となってしまい、今更謝られた所でどうにもならないとの感情から会いたくないと考えていたそうです。
しかしお金が帰ってくれば元奥様の方に引き取られた子供の為に渡してあげられると考え、友情を取り戻すという事ではなくあくまでお金に関しての謝罪は受け入れてもらえるという事で了承を得られました。
後日日程を調整して再会を果たし工作終了となりました。


CASE3・北海道・渡辺様(仮名)・60代・男性
相談内容
▶20年ほど前に浮気相手と駆落ちした時に残していった元奥さんと子供の行方を知りたい。
体を壊して余命宣告を受けてるから、死ぬ前に会って謝りたい。
契約内容▶特定調査・再会工作 費用▶60万円
調査・工作内容
以前住んでいた住所にはもういらっしゃらなかったので、その足取りを追いました。
住所が分かり住んでいる事も確認出来たのですが、今は結婚をしていらっしゃったので、タイミングを計る事に致しました。
元奥様が一人になる時間帯を調べ、訪問させて頂き来訪の事情を説明させて頂きましたが二度と会いたくないと拒絶されてしまい、再会は叶いませんでした。


再会工作の中では、親子間、兄弟、友人、恩師、恩人など多岐に渡りご依頼を承っております。

事情があり会えなかった方を見つけて、その想いを伝えるお手伝いをさせて頂きます。

ご依頼者様、ご依頼者さまからご指定頂いた人物双方に都合がございますので当然会えないケースも考えられます。

しかし、お相手が生きている、元気にしていらっしゃる事が分かるだけでも気持ちが晴れるのではないでしょうか。

どうしても再会したい人がいる、そんな時はぜひ再会屋にご相談下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました