元彼と不倫していた妻に家庭の大切さを理解させた復縁工作の成功事例

復縁工作成功事例

依頼者 :Sさん
住まい :千葉在住
家族構成:小学校高学年~幼稚園の子供が3人いる

ご相談内容

妻が2ヶ月半前から元彼と不倫している事に気付いたSさんでしたが不倫に気付いたキッカケは毎晩子供を置いて不倫相手の家に行き朝まで帰って来ない事が続いて不審に思った為、携帯電話を妻がお風呂に入っている時に覗き見ると元彼とのやり取りが分かり不倫が発覚しました。

妻が持っていたレシートから元彼の大体の場所を特定して付近を捜索したところ、妻の車を発見し、元彼の家に乗り込むが妻が大騒ぎして家に追い返され翌日妻から離婚したいという旨を聞かされ弊社にご相談いただきました。

小さな子供がいる為、離婚を考えていないSさんは「不倫を止めろ。離婚するつもりはない」と伝え、妻はそれなら子供を置いて元彼の家で住むと言われ、妻からは「彼に何か言ったりしたら自殺する。」と言われて離婚を余儀なくされた状況でした。

当社から提案した方法は?

ご本人様には対応出来ない事を自覚した為、弊社で提案させて頂いた方法は別れさせ工作と復縁工作でした。

元彼への気持ちがある為、すぐに復縁工作を進めたところで復縁を意識させる事は難しく、子供に関しても関心を示していない為、家族として戻すというよりもまずは関係を切る事から始めなければならず別れさせ工作を成功させた後に復縁工作を行い、家族としての関係を取り戻す提案をさせて頂きました。

実際に稼働した復縁工作

まずは奥様達の状況を確認する為に調査を行わせて頂きました。

奥様の気持ちは完全に元彼に向いている事はS様のお話しを聞けば分かりましたが元彼の気持ちは本当に奥様に離婚してもらって結婚までを考えているのか?が分かるのと分からないのでは方法も変わります。

まずは対象者を元彼に絞って調査を進めていく為、調査を開始しました。

一般の始業時間に合わせてAM6時から張り込みをしていても対象者の自宅からは誰も出入りがありません。

調査開始後昼の時間まで出入りはなく、6時間調査をしても空ぶる形をとり、S様に報告させて頂きました。

元彼の情報は一切なかったのですがS様が乗り込んだ為、家の特定は出来ており、見逃す事はあり得ない環境だったのですが姿を現す事がありませんでした。

休日の懸念もある為、3日ほど同じ調査を繰り返しますが対象者はAM6時から昼までの時間に出てくる事はなく、夜の仕事か仕事をしてないのか、それとも考えづらいのですが家に住んでいないのかといった報告も兼ねてS様と打ち合わせをさせていただきました。

調査時間を変えて張り込みをしていると15時頃にやっと対象者が外出し、行動の動き出す時間が遅い事に気付き調査を進めていきました。

しかし対象者が向かった先は女性宅であり、仕事をしていないのでは?という疑惑が出てきます。

その為、対象者を奥様に変更し、直接奥様から工作員が話しを聞き出す方法に転換し、奥様の接触ポイントを割り出して自然を装う形で工作員を接触させる事に成功しました。

奥様に工作員を接触させると彼氏の話しが多く、彼氏に熱を上げてる事が分かり、彼氏についての話しを聞き出していきます。

すると奥様から彼氏は二股を掛けており、どちらかと言えば自分は既婚者だから浮気相手となっている為、彼の事は好きだけど傷付けられる事が多く、お金も数十万円貢いでいる事から引くに引けなくなった事が分かりました。

S様との関係も冷めきっており、女性として扱ってくれる元彼に惹かれてしまった事もあり、離婚して彼との関係を続けていくしか道はなく、元ホストだった彼にいい様に転がされているのは分かっているけど彼との交際しか頭になかった事から、彼しか見えない状態になっていたとの事でした。

別れさせるというよりも彼との交際に先はない事を理解させ、S様が受け入れ姿勢を持っている事を理解させた方が復縁には早いと判断した為、方法を変えて奥様に心理誘導を行うように勧めていく打ち合わせをS様とさせていただきました。

退路を断たれたと考えていた奥様にそうではない事を理解させる様に誘導していき、少しづつ家でのS様との会話をさせて、その都度奥様にS様と上手く夫婦関係を継続させるアドバイスを気付かれない様にしていく事で元彼との関係を断ち切り家庭に戻る事になり復縁工作が成功した途中で方法が二転三転した事例になります。

ご契約内容
契約期間:5カ月
着手金と成功報酬:140万円+30%

コメント

タイトルとURLをコピーしました