何処に居るか分からない恋人の居場所を特定し、復縁に導いた復縁工作の成功例

復縁屋関連記事

復縁相談

依頼者:Mさん・20代・男性・東京都

元恋人と復縁出来るのか。

僕はゲイなのですが復縁の依頼って受けて貰えるんでしょうか?

出会いはゲイが多く集まるバーだったんですけど、紹介という訳では無いんですけどそこのマスターが切っ掛けで知り合い付き合う様になりました。

相手は僕より一回り上の人だったんですが、とても魅力的な人でした。

付き合った期間はおよそ1年ほどで、別れた原因はかれがバイセクシャルだった為、女性も対象に入るので女性との浮気で口論になり勢いでもうお終いだよって言ってしまい別れる事になりました。

別れたのは2か月くらい前なのですが、今までは別れてからも2~3日に1回は連絡をくれていましたが、ここ最近全く連絡が来なくなり急に別れた事を後悔し始めました。

バーのマスターに聞いても最近は全然来てないって言われるし、周りの友人に聞いてみても皆分からないと言います。

ブロックはされてないし着拒にもなってないんですがずっとスルーされています。
家の場所が分からないので会いに行くこともできません。
追いかけていいのかどうかも分かりません。

復縁屋ファストリサーチは探偵社です!住所がわからなくても探せます!

消息の掴めない対象者の居場所を特定するのは探偵社である復縁屋ファストリサーチの得意とするところです。

上記の依頼を頂き、方向性としては居場所が判明し現在の環境がどうなのかを調べた上でMさんがどうしたいのかをもう一度話しましょうという事でまとまりました。

頂いていた情報から対象者を特定し、今現在特定の相手は居ないという事が分かりました。

Mさんとの協議の結果、復縁の可能性を引き上げたいとの事でしたので復縁工作を行う事になりました。

狭義の結果対象者が最近通っているミックスバーで接触し、関係を作っていくという事になりミックスバーに潜入し対象者との接触を図りました。

この時投入したのは男女1名ずつの工作員で、カップルというテイで入店し対象者と接触をしました。

これを複数回繰り返して関係性を築き恋愛話に誘導し、Mさんの話を引き出しました。
その話の中から復縁の可能性が大いにある事から復縁を申し出るよう心理誘導で復縁を意識付けていきました。

それにより数日後、対象者からMさんに復縁したいという連絡が入り復縁工作は無事成功を収めました。

契約内容:復縁工作
契約期間:3ヶ月
着手金と成功報酬:100万円+20%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました