人の不幸を喜ぶ人に幸せなど訪れない

復縁アドバイス

残念な事に人の不幸をあざけ笑う人は存在します。
そんな人に幸せなど訪れる訳がありません。
元恋人や現在お付き合いしている恋人と幸せになりたい、若しくは友人関係・職場での人間関係を円滑にしたいのであれば”悪い性格”を直してください。
人の不幸をあざけ笑うような人に、恋愛はもとより楽しい人生を歩む事などできません。
一般的な考え方では、自然災害や悲しいニュースが放送されたら「可哀想・もし自分だったら・なんでこんな事に・・・」と、心が痛みます。
ですが、普段から人の不幸をあざけ笑う人というのは、こういったごく一般的な考えが全くありません。
そんな人に幸せなんて訪れる訳ないですよね。
人は誰しもが幸せであるべきだというのが基本的な道徳観です。
しかし、実際は他人の幸せに嫉妬してしまい、逆に不幸は喜ぶという人は存在します。
他人が不幸になると嬉しい、他人の不幸話になると盛り上がって楽しいと思う人がいるのです。
非道徳的な考えですが、どうしてそのような性格や考え方になってしまうのか?
そこで、今回は他人の不幸を喜ぶ性格の人の特徴を紹介しますので、ご自身で当てはまる点があるのかご確認して是非改善してください。


他人の不幸を面白いと感じる
単に性格がひねくれているという人です。
世の中には他人に対して優しい人もいれば、いつも他人を見下してバカにする人もいます。
そして、そのような性格が悪い人は他人の困る姿が面白いと感じて不幸話に興味を抱くのです。
それは、他人の不幸を面白いと感じる心理が原因となります。
・その不幸でどのような感じで困っているのか?
・困り果てている姿を見るのが面白い
・不幸話を聞くと悩んでいる姿が目に浮かんで面白い
このような性悪な興味や好奇心があるからこそ「他人の不幸は蜜の味」と感じて、それを喜ぶようになります。
単に人間的にあり得ない性格の人という事です。


特定の相手に対して何らかの”妬み・劣等感”を抱いている
特定の人の不幸を喜ぶという人もいます。
関係のない人の話など興味ないけれど、自分が知っている特定の人の不幸話は興味があるというケースです。
このようなケースでは、その人に対して何らかの”嫉妬や劣等感”を抱いているという心理が原因だと考えられます。
いつも自分より上の立場にあるという人に対しては”嫉妬”を抱きやすいものです。
その人が不幸になれば、自分の”劣等感が緩和”されるのでそれを喜ぶ事になります。
仕事の業績が上の人が大失敗して下落をすれば、その人は大喜びすること間違いなしです。
このように、比較や順位づけによって他人に不幸があった場合には自分が得をする場面ができることで他人の不幸を喜ぶという事になります。


人の不幸で自分の精神状態を保っている
人の不幸をあざけ笑うといった人は、自分の人生に不満を抱えているから他人がどん底に落ちた時に自分より下がいると思うことで自分の精神を保っているのです。
つまり、人が幸せそうにしていることで自分は最低の人間だと思ってしまい”嫉妬心”に駆られます。


常に自分が一番でありたいと思っている
自分の知っている人でも知らない人でも、とにかくどんな人であろうと不幸話は楽しくて仕方がないという性格の方がいるでしょう。
そんな人は、自分が常に一番でありたいと思うからこそ、他人の不幸を喜ぶ事になるのです。
・負けず嫌い
・プライドが高い
・完璧主義
・自己中心的
以上のような性格の方は、常に自分が一番得をしたいと思うはずです。
そのため「他人が幸せになることは妬ましく思ってしまい」逆に「不幸は嬉しくてたまらない」のでしょう。


このように「自分が一番幸せでありたいという傲慢な考え方や」「他人が困る姿が面白いと感じる悪い性格」によって人の不幸を喜ぶ人がいるのです。
他人と比較してしまう事は結構多く、それによって他人の不幸が嬉しいと思う場面はいくつかある人も居ますが、やはり人間的としての部分であり得ないので、他人の不幸を喜んでしまう人は改善するべきです。
不幸を喜ぶ人の特徴についてご説明させていただきましたが、ご自身に当てはまる点や周囲に当てはまる点がある方はいらっしゃいましたか?
もしご自身に当てはまる点があった場合は直ぐに改善する努力をしてください。
恋愛どころか周囲に人がいなくなる事でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました