相手との結婚を望むも相手にその気がなく復縁出来なかった復縁相談事例

復縁屋関連記事

復縁相談

依頼者:Kさん・30代・男性・滋賀県

付き合って2年になり、彼女の両親へ結婚の挨拶も済んでおり、付き合い自体に大きな問題もなく、このまま順調に結婚するのだと思っていました。ただ結婚の話が本格的になってきた辺りから、彼女と些細なことで言い合いになることが増えていました。
彼女は穏やかな性格だとずっと思っていたので、正直鬱陶しく感じることもあったのです。

しかし、挨拶も済ませましたし、今更解消というのもどうかと思い、喧嘩しながらも過ごしていると、ある時の喧嘩で彼女が爆発し、突然「会社に好きな人ができたから!」と言い残し、そのまま音信不通になりました。

カウンセリングとアプローチ

彼女の勤務先は私の職場から近いので、会いに行けないこともありませんが、ストーカーになりそうで嫌だったので、浮気調査や復縁工作を含め復縁屋ファストリサーチさんに相談しました。

カウンセラーとの話し合いでは、私が本当に復縁したいかどうか?の確認を何度もされました。
彼女のことを悪く話す私に、カウンセラーさんは愛しているから復縁したいのだと判断できなかったそうです。
確かに、彼女に裏切られた!という思いが強く、最初は私も愚痴しか話していませんでした。

カウンセリングを続けていくうちに、自分の内面と向き合う様な状態になり、自分にはやはり彼女が必要だという明確な答えが出ました。

探偵調査員の調べによると、彼女の周りにはそれらしい男性はなく、彼女は仕事が終わると習い事以外は寄り道など殆どせずに帰宅していることがわかりました。
そこで、復縁工作員が習い事繋がりで接触し、ついに本当の理由を聞き出すことができたのです。

ちなみにこの間に私は何度も彼女に連絡しようとしましたが、カウンセラーさんのアドバイスにより、連絡はしていませんでした。
彼女が言いたかったのは、結婚の日取りや準備などは全て自分任せで、一緒にというと強い口調で責めらたから、自分は結婚するはずなのに孤独感でいっぱいになった…というものでした。

私は、男が口出しするより女性が決めた方が良いと思って言ったのです。
それが、孤独にさせているなんて想像もつきませんでした。
自分の改めるべきことは、相手を責める様な口調です。

言われた時は受け止めるのを拒否しそうになりましたが、カウンセラーが優しく丁寧に説明して下さり納得できました。
話し方と女性心理について、深く学ばさせて頂きました。

今迄のメールのやり取りなどにもアドバイスしてもらいました。
彼女との一回目の連絡は、内容とタイミングに注意して今迄に無いくらいに慎重に送りました。
未だに内容は覚えています。

デートを重ねていき、口調に気をつけながら話していくうちに、真剣に謝り、そして2回目のプロポーズをする機会がやってきました。
謝罪とプロポーズを足したのは、アドバイスのもと決めたのです。
これが大成功し、結婚までの計画は彼女と一から決めて素晴らしい式を挙げることができました。

契約内容:復縁工作
契約期間:2ヶ月
着手金と成功報酬:80万円(+消費税)

復縁屋ファストリサーチの復縁工作成功事例をご紹介いたします
復縁屋ファストリサーチで承った復縁工作が成功した事例を掲載させて頂いております。 こちらに掲載させて頂いて居ります復縁工作成功事例、復縁相談事例などに関しましては元依頼者様に許可許可を頂き、個人等が特定出来ない様若干の修正を加えております...

コメント

タイトルとURLをコピーしました