メンヘラ傾向にある妻と復縁する為に行った復縁工作の成功事例

復縁工作成功事例

復縁相談

依頼者:Uさん・20代・男性・関西地方

妻はいわゆるメンヘラと呼ばれるタイプで「別れる」とかをよく口に出してしまう所があり、1~2日の家出も時々あります。
時に「DVされた」と警察に駆け込む事も何度も有り、このDVの件に関しては警察や子供の幼稚園などでも確認済みで、一切そのような事実は有りません。

因みに二人いる子供は妻の連れ子なのですが、この様な経緯からあまり子供たちにとっていい影響を与えないと判断し、自分の仕事の都合もありましたが自分が経営をしている会社の支社が別地域にあり、環境を変える為にそちらの方へ引っ越しを致しましたが、引っ越す前と同様の事があり今度は児童相談所が介入し、子供たちと強制的に隔離されてしまいました。

警察では「またですか・・・」と呆れられてしまう始末で、どの様に対応していいか分かりません。
自分がもっと妻の事を構ってあげられれば違うのでしょうが、その為にはまず出て行ってしまった妻を連れ戻す必要があるのですがどうすればいいのでしょうか。

復縁屋ファストリサーチの提案内容

こういったケースの場合、まずは専門のカウンセラーに相談して受け入れ態勢を整えその環境を維持していく事が必要不可欠になる為、精神科医や児相とも相談が必要になり、Uさん自身金銭的には余裕がある為奥さんの仕事を、その居場所を与える事が出来るよう東奔西走して頂きました。

弊社ではUさんとカウンセラー、担当者で打ち合わせを行い接触ポイントとしてSNSを利用し奥さんと会う事に成功致しました。

同性工作員を接触させてメンヘラ傾向にある方の特性を利用しどれだけあなたを必要としている人たちが居るのかという話を含む、復縁の意識付けをして行き、Uさんの方の準備が整うまでの期間を使って心理誘導をするよう努めました。

この時の会話やLINEのやり取りは全てUさんと共有しており、これらの情報を基にUさんには準備を整えて頂きました。

その後環境が整ったところでUさんに奥さんを迎えに来てもらい、無事引き渡す事が出来ました。

かなり特殊なケースになりますが復縁屋ファストリサーチで対応できる限りの方法を取り、無事復縁工作を成功出来た事例となりました。

ご契約内容:復縁工作
ご契約期間:5ヶ月
着手金と成功報酬:170万円+10%(+消費税)

コメント

タイトルとURLをコピーしました