「復縁したい」に焦りは禁物

復縁アドバイス

復縁を焦った結果、復縁を求めたい相手にタイミングを間違えて復縁を求めてしまったり、不要なアクションを起こしてしまう事でより復縁を求めたい相手に嫌われてしまうという悪循環が起こり、その結果復縁の芽が無くなってしまう事が多くあります。

ここではそういった事態が起こらない為に復縁の為に焦らない事が如何に重要かを説明していきます。

弊社に来られるお客様の中にもパートナーに別れを切り出されてからそれを受け入れる事が出来ず「会いたくない」と言っているパートナーの自宅や職場に押しかけてしまい、警察を呼ばれてしまったりパートナーの歓心を買おうとやたらとメッセージや電話をしてしまい、連絡の一切を拒否されてしまったといった方は少なくありません。

別れてしまった直後は元パートナーも冷静ではないので復縁したい側が何かアクションを起こすと相手のアクションは必然と反発するものになってしまいます。

復縁するに当たってなぜ冷却期間が必要と言われているのかというと、別れた直後のこういった問題から元パートナーとの溝を深めない為に取るという意味もあります。

元パートナーにとって最後に会ったあなたというのは多くの場合別れを告げられた・別れを告げたその時のあなたです。

その時やその後の印象が悪ければ悪いほど後に復縁したいと冷静に思った時に大きく響いてしまいます。

そうならない為にも別れる時、または直後の焦りは禁物になります。

冷却期間を設ける理由

元パートナーが、その別れたパートナー対して未練を感じるのはある程度時間が経過してからという事が多いです。

別れた後に元パートナーに似た異性を街で見かけたり、思い出の物を見つけたりするとやはり別れたパートナーの事を思い出して懐かしく感じたり逆に辛くなってしまう事が多くあり、それは時間の経過とともに懐かしく感じるという傾向があります。

直ぐにヨリを戻したいと考える方も居ますが、確かに冷却期間が必要ではない復縁もあるのですがそういった場合には別れた原因が解決されていない場合が殆どですので復縁したとしても直ぐに別れてしまう、もしくは復縁して別れてを繰り返してしまう悪循環が起きてしまう事が少なくありません。

そうならない為にもパートナーと別れてしまった後に自分自身を見つめ直す時間を持って自分の何が悪かったか、どうすればいいかを冷静に考えてから復縁に乗り出す事が重要になります。

元パートナーも、あなたが直面した問題に対してしっかりと取り組んでいるという姿勢を見せた方が復縁に繋がり易くなります。

自身で何が悪かったのかという事を探せない、自分を客観的に見れないという場合には家族や友人などに相談してみるのもひとつの方法といえます。
自分で分からなければ人に聞くという事は恋愛問題に限らず必要な事です。

しっかりと自己改善に努めタイミングを見計らって復縁に臨む事が大切になります。

復縁屋工作にある程度の期間が必要である事も理屈は同じ

復縁屋復縁工作にある程度の時間を掛けて行う事も『復縁に焦りは禁物』は同じことです。

焦らずじっくり復縁工作による心理誘導を行い、タイミングを見て依頼者様との復縁を図ります。

今すぐに復縁したい、冷却期間を置いたら新しいパートナーを作ってしまうかもしれない等の焦燥感や危機感はよく分かりますが、じっくりと進めて行かなければ復縁には辿り着けません。

弊社は復縁後のアフターケアも行っており、復縁した後の不安を解消できるように努めています。

限られた時間の中で最善の結果を出すために、弊社も最善の方法を提案しておりますので復縁屋に依頼する場合であってもある程度の時間が必要である事はご承知ください。

~まとめ~

復縁のために重要なのは焦らない事というのは分かって頂けたと思います。

別れた直後には焦らず感情的にならずに溝をを深めてしまうような言動は控えて下さい。
具体的に言えばストーカーの様になってしまったり過度に電話やメッセージを送り、相手にストレスを与えてしまうような行為です。

あなたの一方通行な感情では愛情を育む事は出来ませんので相手の事を真に考えているならばこそ、焦らずに自己改善をしてからの復縁を試みてください。

別れてしまった原因を理解し、直す事が出来れば復縁の可能性は高まりますが、どうしていいか分からない、でもどうにかしたいとお考えの方は復縁工作の成功事例を参考にして頂き、復縁屋ファストリサーチ復縁工作の利用をご検討下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました